業務スーパーの鶏むね肉/鶏もも肉の正しい保存方法は何か?

WRITER
 
業務スーパーの鶏肉 正しい保存方法
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

どうもこんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

皆さんは業務スーパーの鶏むね肉、鶏もも肉をご存知ですか?

業務スーパー 鶏肉

これらは2kgで648円〜1000円未満という安い値段で買えるお肉で、食費を節約したい人にとって必須の存在となっています。そんな鶏むね肉/鶏もも肉を僕は2年間ほど食べ続けていました。

しかしそんな鶏むね肉/鶏もも肉も1つ問題があります。

それは保存方法。
肉は2kgの塊なので、どうにかして保存をしなければいけません。

僕はこの2年間、様々な保存方法を試してきました。

そしてついに保存方法の最適解を見つけたので、今回はこの記事で紹介しようと思います。

 

✔保存方法おすすめランキング

・1位⋯⋯生の状態でタッパーに入れ、冷蔵庫で保存

・2位⋯⋯全部茹でたあと、タッパーに入れて冷蔵庫で保存

・3位⋯⋯1個1個ラップでくるみ、冷凍庫で保存

 

1位⋯⋯生の状態でタッパーに入れ、冷蔵庫で保存

2年間いろいろやってきましたが、僕がおすすめするのはこの保存方法です。

業務スーパー 鶏肉

この保存方法のメリット・デメリットは以下。

✔メリット

・解凍したあとタッパーに入れるだけなので楽

・店に売っている状態と同じなので、すぐに調理ができる

✔デメリット

・冷蔵庫が少し臭くなる

・生で保存するので長期保存は無理

やはり保存をするのに時間がかからないのが大きいメリットです。

せっかく安い値段で買っても、加工に時間がかかっていたら意味がない。

時間を売っているだけです。

時間も手間もかからない、これが僕たちが求めるべき保存方法でしょう。

 

デメリットもありますが、この欠点は店で買ってきた肉と同じです。

よってほぼデメリットとは言えません。

 

2位⋯⋯全部茹でたあと、タッパーに入れて冷蔵庫で保存

2番目におすすめなのはこの保存方法。

✔メリット

・茹でてあるので量が減るから場所を取らない

・茹でてあるのですぐに調理に使える

・茹でるので出汁ができる(ただしアクが多い)

・そのまま食べれる(筋トレ向き)

✔デメリット

・茹でるのが面倒

・長期保存ができない(夏場は3日以内に食べるのがおすすめ)

・時間がたつほど味が劣化する(体感)

これは筋トレする人に向いていて、僕が一番長く使っていた保存方法でもあります。

肉を調理する必要がないのでそのまま食べたり、とりあえず料理にブチこんだりとすぐに使えるのが特徴。

 

ただ僕は茹でることすら面倒なので、この保存方法は使わなくなりました。

また一度茹でてしまっているので、時間が経つごとに味が劣化するのもいただけません。
まあ劣化は体感かもしれませんがね。

 

3位⋯⋯1個1個ラップでくるみ、冷凍庫で保存

業務スーパーの鶏肉と言えばこの保存方法ですが、僕は嫌いです。

✔メリット

・長期保存ができる

✔デメリット

・調理に使う前に解凍するのがマジで面倒

・肉の小分けが時間の無駄

・ラップ代がかかる

まず肉を小分けしている時間が無駄です。

さきほども言いましたが、肉を安く買っても時間を使っているんじゃ意味がありません。

2kgは一見すると多いですが、3日もあればなくなります。
ちなみに僕は1人で食べて、2日でなくなります。

そんな数日のために、ラップで小分けするのは本当にアホらしい。
ラップ代も地味にかかりますしね。

よっぽどの長期保存をしない限り、この保存方法はオススメしません。

 

総評

生で放置しても簡単に腐りやしないのだから、冷凍なんて神経質なことをしなくて良い。

解凍したらすぐに冷蔵庫へぶちこむ!

これが正解でしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.