12年間不登校から旅人へ

会津大学の英語教育について在学生が解説するよ

WRITER
 
会津大学の 英語教育について アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

会津大学は英語で授業をするらしいな。
僕は英語ができないから授業についていけるか心配だなあ。
実際どれくらい英語を使うんだろう?

今回は会津大学の英語教育について答えます。

結論ですが英語は使いますが、あなたの想像より難しいことはしていません。
詳しく説明しますね。

 

✔記事の内容

・英語の授業は簡単です

・英語以外の授業も簡単?

・英語ができるようになりたいなら勉強しよう

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は現在、会津大学の学部3年生です。

会津大学はITと英語に特化した大学なので、授業は英語で行われます。

こういったことを聞くと、会津大学に進学を考えている高校生の方はビビってしまうことでしょう。
僕が高校生の時も英語ができなかったので、授業についていけるか不安でした。

ですが今は問題なく学校生活を送り、学費免除をもらえる程度の成績は維持しています。

関連記事:会津大学の学費について授業料免除者が解説するよ

そこで今回は英語が不安な方のために、会津大学の英語について紹介していきますね。

 

会津大学の英語の授業は簡単です

まず結論ですが、英語の授業は難しくありません。

そもそも、会津大学では全ての授業が英語で行われるわけではありません。
英語の授業になるのは外国人の教授が担当するものだけです。

しかも一年生の頃は、英語で行われる授業は英語だけです。(僕の時はそうでしたが、2017年から科目によっては英語で行われているようです。)

1年生のころから英語で授業をするのは不安かもしれません。

ですが実は、英語で英語の授業を受けるのは楽勝です。
それどころか、すべての授業で一番簡単ですらある。

なぜなら学習する内容が高校の復習だから。

僕は入学時、TOEIC390点のゴミでしたが、その僕ですら

これを大学生でやるのか⋯⋯。

ひだよし

って感じですもん。

まあ僕は英語できなかったんで、この機会に勉強できて良かったのかもしれませんがね。

 

あと英語を教えてくれる教授は、英語の担当なだけあって発音や教え方が分かりやすい。

だから英語ができない人でも真面目に出席をすれば、単位はもらえますよ!

 

ちなみに授業の詳しい内容は↓の記事がとても参考になります。
在学生の方が書いている記事なので、内容も正確ですので。

関連記事:https://fukushimacollege.com/aizu-university4/

 

英語以外の授業も簡単?

2年生からはだんだんと英語で行われる授業が増えていき、内容が難しくなります。

それとともに、授業についていけない、もしくは聞こうともしない輩が増えていく。
ちなみに僕は聞こうとしないタイプでした。

ですがよく考えてみてくださいよ?

大した英語力もない学生が、いきなり英語で授業を受けて専門的なことを学ばなきゃならないんですよ。
日本語でさえ理解できないってのに。

そりゃあ真面目に授業なんか受ける気なくなるってもんです。

 

しかしこんな状態でも単位は余裕で取れます。

なぜなら結局大事なのは課題の提出とテストの点数だから。
英語で授業をやろうが、喋れなかろうが関係ありません。

だから英語ができなくても何とかなってしまうのが、会津大学の良い点であり、悪い点でもあります。

 

英語ができるようになりたいなら勉強しよう

英語ができなくても何とかなると言ってきましたが、やはりできた方が良いに決まっています。

幸いにも会津大学は英語を学習する設備が揃っているので、やる気のある人間はいくらでも勉強できる。

英語の本はあるわ、留学生はいるわ、外国人の教授はいるわと本当に素晴らしい。

だから会津大学に入学した時は、ちゃんと英語を勉強することをオススメします!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.