会津大学の英語教育について在学生が解説!

WRITER
 
会津大学の 英語教育について アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

・会津大学に入学したいのだけど、英語力がない人でも大丈夫なのか

・会津大学に入学すれば英語ができるようになるのか

・英語を使った授業のレベルを知りたい

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

・会津大学は英語が苦手でも大丈夫です

・会津大学で英語を使う機会は4つあります

・英語ができるようになりたいなら自主学習しよう

 

こんにちは、会津大学生のひだよし(@hidayoshi0818)です。

会津大学はプログラミングや英語を学びたい人にとって、知る人ぞ知る大学となり始めています。

2017年には世界大学ランキング日本版で23位、2019年は26位など、成長は止まりません。

しかし世間に認知されてきたとともに、「授業は英語でやる」とか「論文は英語で書く」といった内容が広まり、恐れられている風潮があります。

これらは事実ですが、だからといって「会津大学は英語ができないと駄目!」というわけではありません。

今回は在学生である僕が、会津大学の英語教育について解説しますね。

会津大学は英語が苦手でも大丈夫です

会津大学は英語が苦手でも問題ありません。

確かに会津大学では授業を英語で受けたり、外国人の教授が多かったりなど英語に触れる機会が他大学より多いと思います。

ですが一年生の頃は、英語で行われる授業は英語科目だけ。(僕の時はそうでしたが、2017年から科目によっては英語で行われているようです。)

そこから学年が上がるごとに、英語で行われる授業が増えていきます。

ですから入学当初は英語が苦手だったり、できなかったりしてもちゃんと英語を勉強すれば問題ありません。

現に僕も入学当初はTOEIC390点レベル、高校の英語も怪しい状態でしたがなんとかなっています。TOEICは830点まで伸び、GPAも3.8と順調です。

TOEICの点数を上げた方法は「【390→830が解説】TOEICで800点を取る方法【最短3ヶ月】」をお読みください。

会津大学で英語を使う機会は4つ

会津大学で英語を使う機会は基本的に4つあります。

・英語の授業

・英語以外の授業

・研究室(ゼミ)

・卒業論文

それぞれ解説しています。

英語の授業

英語の授業は基本的に英語で行われます。

英語の授業は一年生の頃からあるため不安に思うかもしれませんが、授業内容は高校の復習なので余裕です。

仮に全く英語ができなかったとしても、真面目に出席をすれば単位はもらえるので心配する必要はありません。

授業の詳しい内容は以下の記事がとても参考になります。

関連記事:https://fukushimacollege.com/aizu-university4/

英語以外の授業

2年生から英語以外の授業も英語で行われるようになります。

ここから難易度は跳ね上がり、教授によっては何を話しているか聞き取れない場合があります。

しかしこれは仕方がありません。

コンピュータの授業なんて日本語でやられても難しいのに、それを英語でやるとなるとなおさら難しい。しかもこっちは英語力がないため、話を聞き取ることができません。

「じゃあ英語ができない人間はここで終わりなのか?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら単位は提出物とテストの点数で決まるため、教授の話を聞かなくてもなんとかなるから。

英語で提出する場合はグーグル翻訳を使えばなんとかなりますし、テストも辞書を持ち込める場合がほとんどです。

ですので最悪英語ができなくても、単位を取ることはできます。

研究室(ゼミ)

所属した研究室によっては英語でコミュニケーションをする場合があります。

教授や周りの研究生が日本人ならおそらく英語を使う機会はないでしょう。

卒業論文

卒業論文は英語で書かなければなりません。英語から逃げている人ほど、この卒業論文が重荷となってきます。

しかも書くだけではなく、論文発表も英語でするのでスピーキング力が必要。

発表時に英語を話さず卒業論文を突破する猛者もいるようですが、できたほうが楽ですし将来のためにもなります。

そのため1年生の頃から英語の勉強をしておいたほうが良いでしょう。

英語ができるようになりたいなら自主学習しよう

会津大学は英語に触れる機会が多いですが、それでも英語ができるようになりたいなら自主学習が必要。

幸いにも、会津大学は英語を勉強するための環境が整っています。

図書館に英語の本はたくさんあるし、留学生はいるし、外国人の教授はいるしとやる気があればどこまでも英語が学べます。

まとめ:英語はできなくてOKだが、勉強は必要

今回は会津大学の英語教育について紹介しました。

会津大学は英語を使う機会が多いものの、実際は英語ができなくてもなんとかなります。

ですができる方が圧倒的に楽なため、入学時から英語を勉強することをオススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.