全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

現役大学生の俺が会津大学の魅力を紹介するぞ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

最近、会津大学という大学の名前をよく聞くぞ。コンピュータの大学らしいけど、別にコンピュータの大学なんてどこにでもあるじゃん。一体何が魅力で人気があるのだろう?

会津大学の魅力を知りたい人

 

 

今回は会津大学の魅力について紹介します。

 

 

記事の内容

・そもそも会津大学ってどういう大学?

・会津大学はTHE世界大学ランキングの日本版で23位

・英語を学習しやすい環境

 

 

こんにちは、ひだよしです。

僕は現在会津大学に在籍していて、大学3年生の時にこの記事を書いています。

会津大学について個人や在学生が紹介している記事が少ないので、今回は現役会津大生の視点から、会津大学の魅力を伝えようと思います。

 

そもそも会津大学ってどういう大学?

まず会津大学を知らないという方のために、簡単な紹介をしますね。

会津大学は福島県会津若松市に本部を置く大学です。

公式ホームページ:会津大学

日本初のコンピュータ専門大学として開設したらしいです。(wikiより引用:会津大学

そして、コンピュータ理工学部・コンピュータ理工学科の1学部1学科しかない珍しい大学です。

俗に言う、単科大学ってやつです。

 

会津大学で学べるスキルはコンピュータと英語です。

これからの時代、コンピュータと英語は必須スキルなので、これらのスキルを学べる会津大学はかなりお得な大学です。

公立大学なので学費も安いですしね。

 

簡単な説明はしたので、ここからは僕が感じた会津大学の魅力2点について紹介します。

 

会津大学はTHE世界大学ランキングの日本版で23位

THE世界大学ランキングという、英国の(超重要)教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(以下、THE)が発表しているランキングがあります。

大学の教学改革やグローバル化の推進のために大学を格付けしているようですが、その日本版のランキングで、会津大学は2017年に23位となりました!

ちなみに2018年は34位と順位が下がっている。

会津大学より下の順位には、皆が知っているあんな大学やこんな大学が位置しています。

 

もちろん、大学の順位がどうこう言いたいわけではありません。

ここで重要なのは、会津大学は世界的にそこそこの評価をもらえているということです。

また、会津大学への入学志望者数は年々増加しています。

つまり、世界でも日本でも会津大学は人気の大学になってきているということです。

「学歴や大学の人気は将来に関係ねえ!」と思う方もいるでしょう。僕もそう思います。

ですが、どうせ入学するなら人気な大学や、レベルの高い大学に入学したいですよね?

会津大学は正直な話、社会からの評価が良いにも拘わらず、入学するのが簡単です。

そんなお得な大学に進学しない理由はないですよね!

 

英語を学習しやすい環境

先程も説明したとおり、会津大学は英語を学ぶことができます。

しかし、そんなことは他の大学でもできますよね?

それでも会津大学を勧める理由は、英語を学習しやすい環境が揃っているからです。

詳しく説明しますね。

 

洋書が揃ってる図書館

会津大学の図書館は2階建てなのですが、1階は洋書、2階は和書のフロアとなっています。

1フロアまるごと洋書となっているので、それはそれは膨大な量の洋書が並んでいます。

小説から技術的な本、多読用図書まで幅広く取り扱っています。

また、欲しい本があれば注文ができます。2週間くらいで入荷されます。

英語の本を読みたくても、洋書は高いので自分で買うには辛いですよね?

ですが図書館を使えばタダで本を読み放題です。

英語のリーディングを勉強するには申し分ない環境です。

 

外国人の教授が英語で講義をしてくれる

会津大学は外国人の教授が多いので、講義が英語で行われます。

もちろん、入学していきなり英語で講義が始まるわけではありません。英語の講義が多くなるのは2年生からです。

 

で、講義を英語でやるメリットは、英語のリスニングに慣れるということです。

僕は入学当初に受けたTOEICで390点を取りました。中々の点数ですね。

そんな人間が英語の講義を理解できると思いますか?

実はですね、意外と理解できるんですよ。

「映画の音声を聞き取れ!」とかは無理ですけど、教科書があって、教授が話している雰囲気が分かればなんとなく講義を理解できます。

それを続けているうちに、段々英語に慣れてきて、英語ができるようになります。

今ではTOEICで830点をとれるまでになりました。まだまだこれからですけどね。

とりあえず英語で講義を受けていれば、リスニング力は鍛えられます。

 

外国人と交流できるラウンジがある

日本人が英語で一番できないのはスピーキングですよね。

外国人の友達を作って英語の勉強をしたいけど、そもそもの英語力がないから作れないし、出会いもない\(^o^)/」という方が大勢いると思います。

しかし会津大学にはグローバルラウンジという、留学生と交流できるラウンジがあります。

ここでは英語以外の言語を使うのは禁止なので、英語のスピーキングが嫌でも鍛えられます。

また、交流を目的としたラウンジなので友達を作りやすいです。

ですから人見知りのあなたでも英語のスピーキングを鍛えられますよ。

 

 

今回は会津大学の魅力について紹介しました。

実は、他にも魅力的な点はあります。(24時間使えるパソコンとか)

ですが、今回はあくまでも僕が感じた会津大学の魅力を紹介しました。

もし何か他に知りたいことがありましたら、現役会津大生の僕が色々答えるのでツイッターや問い合わせから連絡を下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.