12年間不登校から旅人へ

不登校児「復帰したいけど周りの反応が怖い⋯⋯」←考えすぎ

WRITER
 
不登校児「復帰したいけど周りの反応が怖い⋯⋯」←考えすぎ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

学校に行きたいけど、復帰したらクラスの人はどう思うかな。
やはり目立ってしまうのだろうか⋯⋯。
どうすれば簡単に復帰できるんだろう?

不登校

こういった悩みに答えます。

どうもこんにちは、ひだよしです。

僕は幼稚園から中学校までの12年間不登校でした。

僕の不登校スタイルは時々学校に行くというものだったので、当然クラスからは浮きまくり。

そんな僕も不登校を乗り越え高校、大学へ進学できるまでになりました。

そんな僕が、周りの反応を気にしているあなたに対処法を教えますね。

結論としては、周りの反応には開き直って対処しましょう。

詳しく説明します。

 

反応されるのは仕方ない

周りの反応に怖がる気持ちは分かりますが、よく考えて見てください。

反応されるのは仕方ないですよ。

皆が毎日登校しているクラスに、不登校のやつが行ったらそりゃあ何かしら反応されますって。
ないほうが不気味でしょ?

だから反応に怖がるだけ無駄なので、あなたは反応にどう対処するか考えましょう。

反応に対しては開き直るのがオススメ

「どうして学校休んでいたの?」

「サボりだろお前」

不登校から復帰するとこういった言葉をかけられる場合があります。

ここで何も言わなかったり、悲しそうな顔をした場合、あなたは復帰できないでしょう。
最悪イジメられます。

絶対に周りの反応に対して弱気になってはいけません。「あ、やっぱり不登校だからこういう人なんだ⋯⋯」と思われて終わりです。

ではどうすればいいのか。

正解は開き直ることです。

「どうして学校休んでいたの?」→「学校つまらないから休んだ(笑)」

「サボりだろお前」→「そうだよ。サボってゲームしてた。」

開き直って休んでいた理由を言われてしまっては、相手はそれ以上なんとも言えません。
これが最強の自衛方法です。

しかし、あなたは簡単に開き直れないことは分かっています。
それはあなたが学校は行くところだという価値観を持っていて、それに反することを言うのは悪行だと考えているからですよね。

ですがこの価値観は周りが皆そうしているから、なんとなくあなたも従っているだけでしょう。

冷静に考えて、このご時世に学校へ行く意味はありますか?
勉強なんてインターネットを使えばできる時代なのに?

よって、あなたは堂々と開き直っていいんです。

むしろあなたが開き直ることによって、クラスメイトに新たな価値観を与えられるかもしれない。
クラスメイトの導き手になりましょうよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.