不登校児がぬいぐるみを好きな理由とは?

WRITER
 
アイキャッチ ヌイグルミ フリー
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

どうもこんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

ネットを見ていると、不登校児はぬいぐるみを大事にしたり、ぬいぐるみで遊んだりする傾向が一般人より多いようです。

確かに僕も、不登校だった間はぬいぐるみをたくさんもち、遊んだりしていました。

ではなぜ不登校児はぬいぐるみがそんなに好きなのでしょうか?

それはぬいぐるみは何も言わないからだと僕は考えています。

詳しく説明しますね。

 

✔記事の内容

・不登校児がぬいぐるみを好きな理由

・大人は無理にぬいぐるみから引き離してはいけない

 

不登校児がぬいぐるみを好きな理由

ぬいぐるみは何も言わず、ただ私達を愛してくれます。

不登校児が不登校になる理由はたくさんあります。
学校がつまらない、家庭環境の問題、いじめがある、友達がいないなどのように。

理由はたくさんありますが、共通していることは現状に不満があるということですよね。

しかし子どもは弱いので、そういった不満があっても誰かに打ち明けるのは難しい。

「学校に行きたくない」と親や先生に言うことは難しいですし、例え言ったとしても相手にされないでしょう。
環境も家と学校の2つしかありません。

 

そんな苦しい状況の中で、子供たちは何にすがればいいのでしょうか?

それはぬいぐるみです。

彼らは何も喋りません。

暴力をふるい、ズタズタに引き裂いても何も喋りません。
自分がどれだけ苦しんでいるか打ち明けても、何も喋りません。

ですが僕たち不登校はそれだけでもありがたいんです。

何も言わず、じっと見守っていてくれるだけでね。

不登校児にとって、ヌイグルミは自分の思いをぶつけられる唯一の仲間なんです。

 

大人は無理にぬいぐるみから引き離してはいけない

大人たちは子どもがヌイグルミと遊んでいる姿を見ると不安に思うかもしれません。

ですが大丈夫です。
いつか自立して、ヌイグルミと決別する日が来ますから。

僕も今まで仲良くしてきたヌイグルミは全て捨てました。
流石に捨てるときは心苦しかったですけどね。

 

逆に、無理にヌイグルミから引き離すようなことをしてはいけません。

不登校児にとって数少ない頼れる仲間を奪う。
そんなことをしたらどうなるか、考えれば分かりますよね?

大人たちは余計なことをせず、不登校児を暖かく見守ってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.