12年間不登校から旅人へ

不登校だから部活やめたいならやめたほうがいいよって話

WRITER
 
部活 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

不登校だから部活やめたいなあ。
でもうちの学校って部活は強制だから、辞めたら先生に色々言われるんだろうな。
途中で退部したら進学にも影響があるだろうし。
どうすればいいんだろう?

こういった疑問に答えます。

結論として、部活を辞めたいなら辞めるべきです。辛いことからは逃げていい。

詳しく説明しますね。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は幼稚園から中学校までの12年間ほど不登校でした。

しかしうちの中学校は強制的に部活へ入部させる学校だったので、不登校の僕も部活をやっていました。

今回はその時の経験も踏まえてお話していこうと思います。

部活なんて辞めても問題ありません

あなたは「部活を辞めたい、、、」と思っているのに、親や教師がうるさいせいで辞められないのでは?

「部活は強制だし、みんなやっているんだぞ!」とか「部活を途中退部したら内申点に響いて進学に不利」とか言われているんでしょうね。

そしてあなたも、そういった意見に少し納得している手前辞められない。
気持ちは分かります、僕もそうでしたから。

 

しかしそれでもなお、あなたが部活を辞めたいなら辞めるべきです。

理由は大きく分けて以下の2つ。

✔部活を辞めるべき理由

・辛いことを無理して続ける必要はない

・時間の無駄

詳しく説明しますね。

 

辛いことを無理して続ける必要はない

部活を辞めたいってことは、活動がつまらないってことでは?

ただでさえ不登校でストレスがかかっているのに、部活でも苦しむ必要はありません。

周りの人間、特に教師は「みんな嫌々やっている!」とか「逃げるな!」とか言うかもしれません。

ですがそんな役に立たん意見は聞かないで、とっとと逃げましょう。
精神論者は苦しむことを美徳としていますが、彼らは根本的なことを間違えています。

苦しんでいいのは自分がやりたいこと、目標や夢に対してだけですよ。
自分がやっていて苦しいことからは逃げていいに決まっている。

ですからあなたも堂々と苦しみからは逃げてください。

 

時間の無駄

やりたくもないことをやるのは純粋に時間の無駄でしょう。

うちの中学のように部活強制の学校って本当に頭がイカれてます。
児童虐待とやっていることが変わりありません。

部活とかに時間を費やすくらいなら、勉強したほうがマシじゃないですか?
不登校だと学習が遅れているはずなので、ちょうどいいですね。

 

人生で後悔するのは、自分を通せなかったときです

ここまで部活を辞めろと言ってきましたが、僕は部活を辞めませんでした。

ですから僕の発言はとても無責任に聞こえるかもしれません。

しかし僕がここまで辞めろと言っているのは、中学の経験もありますが、後であなたが後悔するからなんです。

だって人生で一番後悔するのは自分を通せなかったときだから。
これは全ての人類に当てはまります。

 

僕は学校に行きたくないのに、周りの反応を伺って中途半端に登校してました。

部活もつまらないのにやらされ、内申点が悪くなるからと退部できない。

行きたくもない大学に進学させられ、将来は公務員になれと親から圧力をかけられる毎日。
学校嫌いだから不登校なのに公務員とか頭おかしいだろ。

僕の人生は全て他人が決定していました。

今は旅に出会ったことで楽しい人生を送れていますが、人生を振り返ってみると後悔だらけです。

「もっと自分を通せば上手くいっただろうな」と思うことが腐るほどある。

だからあなたには僕と同じようになってほしくありません。

どうせ後悔することが分かっているのなら、騒いででも自分を通しましょう。

それが部活を辞めたいなら、辞めればいいだけのことです。

 

まとめ:辞めたいなら辞めましょう

僕が中学時代に戻れるなら絶対に部活は辞めます。

誰に何を言われようが、「部活は時間の無駄」とゴリ押しして説き伏せます。

だってもう後悔したくないから。

あなたも部活を辞めたいなら、本心を隠さずとっとと辞めましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.