不登校の自分を認めると楽しい人生を送れるって話

WRITER
 
不登校を認めろ!アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

不登校の自分が認められない。
学校にさえまともに行けない自分が嫌いだ!
ちゃんと行っていればこんな気持にならずに済むのに……。

こういった疑問に答えます。

結論ですが、不登校だったことを認めたほうが気持ちが楽になるし、楽しい人生を送れるようになります。
ですから不登校の自分を愛しましょう。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は幼稚園から中学校までの12年間ほど不登校でした。

しかしそんな状態から公立大学に進学し、今では学費免除をもらうまでになりました。

ここまで聞くとずいぶん良さそうな話ですが、そんなに単純ではありません。

大学に進学しても不登校時代の自分を引きずり、どこか根暗で、夢も希望もない人生を送っていました。

 

ですが今の僕は初対面の人にも不登校だったことを話せるほど強い人間になりました。

これも不登校だったときの自分を認めたおかげです。

ですからもし不登校だったときの自分を恥だと思っているのなら、この記事を通して考え直してみましょう。

不登校は悪という価値観があなたを苦しめる

不登校だった自分を認めるのは難しいことだと思います。
僕だって認めるまでに何年もかかりました。

ではなぜ難しいのかというと、社会には「不登校=悪いこと」という考えがあるからですよね。

この考えが僕たちの価値観になっているせいで、不登校の子は自分が不登校であることを認めることができなくなっています。

だって不登校を認めたら自分が悪いやつで、劣った人間だと認めることにもなるんですから。

 

ですがそんな価値観はバカバカしいので捨てましょう。

社会の常識に囚われているといつまで経っても奴隷のままで、苦しいだけです。

むしろ不登校のほうが世界を変え、歴史に名を残せる人間になれるんですから。

関連記事:不登校が将来の成功者である理由

常に世界を変えてきたのは体制や常識を破壊してきた人間です。

あなたは確実に世界を変える側なんですから、不登校だったときの自分を誇ってください。

「不登校=悪」という考えはくだらないですよ!

 

不登校経験を武器に生きる

不登校経験を認めるだけでなく、それを武器にして戦えるとなお良いですね!

僕の場合は不登校だった経験から

・不登校経験をブログやSNSで発信

・不登校だったから人に優しくできて、良い人間関係を築ける

・テストで点数を取るという能力

という武器を得たので、これを活かして人生と戦っています。

あなたも不登校だった経験を活かせると人生楽になるのでオススメですよ。

特にブログやSNSは良いですね、インパクトあったほうが受けるので!
12年間不登校とかあんまりいないですもん(笑)

 

まとめ

不登校だったことを認め、オープンになれると苦しみから開放されます。

しかしそうは言っても、簡単にできることではありませんよね。
今までの価値観を捨て去るなんてのは。

僕も現に何年もかかったわけですし。

でも今のところは「不登校=良いこと」という考えもあるということだけ覚えておいてほしいです。

他の選択肢があるというだけでも、心はずいぶんと楽になりますから。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.