全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

この模試問題集をやればTOEICで800点台を余裕で取れます!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

TOEICで800点台を取るために模試問題集を買おうと思っているけど、種類が多いな⋯。どれがおすすめなんだろう?

TOEICで800点台を取りたい人

 

こういった悩みを持つ方のために、今回はおすすめの模試問題集を紹介しようと思います。

 

私は金のフレーズとこれから紹介する模試問題集を解くことで、TOEICの点数を390点から830点まで上げることができました。(390点だったのは2年前なので記録がありません。申し訳ないです。)

TOEIC690点

TOEIC830点

 

ちなみに現在TOEICの点数が500点未満の方は模試を解くべきではありません。語彙が足りていないのでまずは金のフレーズなどを使い、語彙を増やしましょう。

 

既に500、600点を取っている方は模試を何冊か解くだけで800点は余裕で取れます。テクニックも必要ありません。

 

それではおすすめ順に問題集を紹介していきます。

TOEICで800点を取るための模試問題集

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試シリーズ

 

TOEICの模試というと公式問題集を勧める方が多いですが、一番最初に買うべきがこの新形式精選模試シリーズです。 理由はコスパの良さ、難易度、解説の丁寧さです。1つずつ説明していきますね。

まず表紙を見れば分かる通り5回分の模試がこの問題集でできます。公式の問題集は2回分で3000円もするのにこちらはそれぞれ2000円で5回模試を解けるわけです。考えるまでもなくお得ですよね。

そして次に難易度です。この模試はTOEIC本番のテストや公式問題集より難しいです。

難しいなら僕にはまだ早いな!!!

TOEICで800点台を取りたい人

と思うかもしれませんが、全然そんなことはありません。難しいと感じる理由はあなたが問題を完璧に理解していないことから感じる難しさなのがこの問題集のポイントです。理不尽な難しさではないということです。

具体例を挙げます。あなたがTOEICで問題を解いていて、

この問題余裕だな。

調子こいてる人

と思って答え合わせしたら自分の考えていたことと全く違うことが書いてありました、という経験はありませんか?

これは問題を理解してないから起こるわけで、決して問題が悪かったからではありませんよね?

このようにこの問題集ではあなたが今まで分かったフリをして解くであろう問題がたくさんあります。そういう意味で、この問題集は難しいと言っているわけです。

そして今まで知ったかぶりをこいてきた問題を確実に理解し、問題を解けるようになった時、爆発的に点数が上がるわけです。

最後に、難しいと言いましたがこの問題集は解説がとても丁寧です。英語初心者のことも考えているのか、単語や語彙の解説がちゃんと載っています。

公式問題集にも解説は載っていますが、結構不親切です。肝心の知りたい単語や語彙に限って載ってないので、自分で調べる必要があるといったケースが何回も起きます。分かっている前提で問題を作っているのでしょう。

安くて、問題の質が良く、初心者にも配慮されているこの模試問題集は絶対に買うべきです。正直これさえあれば、他の模試問題集はいらないと思います。僕もこの問題集を2周して830点取りました。

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集シリーズ

2番目におすすめなのは公式の模試問題集です。まあ、わざわざ説明することもないですよね。当然この問題集のメリットは公式が出しているから安心感があるということです。

でもせっかくなので、実際に1と3の問題集を2周して使ってみた感想を書こうと思います。

感想は可も不可もないって感じですね。理不尽に感じる問題もないけど、新たな発見があるわけでもない。

最初におすすめした新形式精選模試シリーズの答えを覚えてしまったので、新しい問題集を解きたい!っとなったらこの公式問題集を買うのが良いでしょう。

 

色々な問題を解いて慣れているほどTOEICで点数は取れますからね。しょせんTOEICなんてパターンを覚えるだけですから。

 

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

最後もTOEICテスト公式問題集。これはTOEICが新形式になって最初に発売した公式問題集です。

はっきりと言いますがこの本買わなくていいです。理由もちゃんと説明します。

あなたはこの公式問題集がおすすめされている記事を見たことがあるかも知れませんが、その記事って古い記事なのではないでしょうか?

TOEICが新形式に変わった当初は選べる模試問題集の数が少なかったので、必然的にこの公式問題集がおすすめされていたのでしょう。

しかし2年も経って問題集を選べる今、これをわざわざ選ぶメリットはありません。

他の模試問題集に比べて、これは単語や熟語の説明が不十分だし、理不尽な問題がでてきます。理不尽な問題というのは、解釈が人によって分かれるだろって思う問題です。

TOEICや英語に慣れている人が使う分には良いのかもしれませんが、初心者が最初にこれをやると間違いなくやる気がなくなります。僕も1年半くらい前にこれを使いましたが、見事にやる気を削がれました。

1ヶ月前もこれを使って830点を取ったわけですが、常に文句を言いながら解いてました。

改めて言いますがこれをわざわざ買う理由はないです。とにかくお金があって模試を大量に解きたい!って方は買ってもいいと思います。

 

長々と書いてきましたが、結論は最初の新形式精選模試シリーズを買え!ということです。

私は今回紹介したそれぞれの模試問題集を2回ずつ解いて830点を取りました。これは1ヶ月もあれば余裕で達成できます。

皆さんも模試を解いて点数を上げましょう!TOEICで800点くらいになると英語の勉強が楽しくなってきますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.