TOEIC公式問題集はおすすめしない【理由を解説】

WRITER
 
TOEIC公式問題集 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

TOEICで高得点を取りたいんだけど、公式問題集を買えば良いのかな?
やっぱり公式が出版しているだけあって、質もいいはずだろうし。
それとも他に良い問題集があるのかな?

こういった疑問に答えます。

結論ですが、公式問題集を買うくらいならTOEIC新形式精選模試を買うことをオススメします。
なぜなら公式問題集は可もなく不可もなくという完成度だから。

詳しく説明しますね。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

この記事を書いている僕は、半年前にTOEIC830点を取得しました。

TOEIC 830

僕はTOEIC830点を取るために色々な問題集を解いてきました。

もちろんその過程で公式問題集の1、2、3をそれぞれ2回ずつ解きました。

ですが今回のタイトルにもなっているように、質は普通です。

理由はこれから解説していきますね。

 

TOEIC公式問題集は公式が出版しているというメリットしかない

公式問題集のメリットは公式が出版しているという安心感しかありません。

確かに公式が作っているだけあって、問題集の内容が本番と同じなのは大きいメリットかもしれませんよ?

ですがTOEIC対策本が溢れているこのご時世、公式じゃなくても本番と同じ問題は作れてしまうのが現実です。

問題の質が一緒ならば公式問題集よりも安かったり、問題が多かったり、解説が親切な問題集を買ったほうがお得じゃないですか?

だから僕は結論で言ったように、TOEIC新形式精選模試を買うことをオススメしているってわけ!

TOEICテスト新形式精選模試リーディング[本/雑誌] / 中村紳一郎/監修 SusanAnderton/監修 加藤優/著 野村知也/著 PaulMcConnell/著

詳しい解説は↓でやります。

 

公式問題集は最低限の解説しかないのでTOEIC初心者に優しくない

TOEICの問題集って難しい単語の解説とか、表現の解説とかが答えに書いてあるじゃないですか?

しかし公式問題集はそういった解説が最低限なんですよ。
特に単語の解説は本当に少ない。

TOEICの点数が600点くらいある人なら、まあ最低限の解説でも大丈夫なんですけど、TOEIC初心者じゃ全然分からない。

僕もTOEIC390点のとき公式問題集を解いたんですけど、

答えに書いてある解説を見る

しかし解説に書いていない単語の意味が分からない

ググって単語の意味を調べる

というマジで面倒な作業をしてました。

答えを見ているのにさらに調べなきゃならないとか訳がわからないでしょ?

「最初から全部単語の意味書いとけよ!」って思いません?

 

結論:TOEIC新形式精選模試を買いましょう

TOEIC公式問題集を買うくらいならTOEIC新形式精選模試を買いましょう。

TOEICテスト新形式精選模試リーディング[本/雑誌] / 中村紳一郎/監修 SusanAnderton/監修 加藤優/著 野村知也/著 PaulMcConnell/著

詳しい話は別記事の「TOEIC新形式精選模試は難しいが、優れた問題集である3つの理由」で解説しています。

ですからここではTOEIC新形式精選模試のメリットを簡単に説明しますね。

この問題集は3つのメリットがあります。

・公式問題集はテスト2回分で3000円、新形式精選模試はテスト5回分で4000円(1冊2000円で計算)

・問題が本番より難しいけど、理不尽ではないという絶妙な難易度

・単語と問題の解説が死ぬほど丁寧

新形式精選模試は安い!ボリュームたくさん!解説丁寧!という本当に意味が分からない問題集です。

なので公式問題集を買うくらいなら、こっちを買いましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.