【390→830が解説】TOEICで800点を取る方法【最短3ヶ月】

WRITER
 
TOEICで800点を取る方法-810 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

・TOEICで800点くらいを取りたい。

・英語が苦手だけど、どうにかしてTOEICで高得点を取りたい。

・TOEICの勉強を始めても挫折してしまう。効率の良い方法を知りたい。

こういった問題を解決します。

 

こんにちは、大学生のひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は中学生時代が不登校だったこともあり、英語が全くできませんでした。
高校3年になってやっとAre you~?とDo you~?の使い分けが理解できたくらい。

そんな僕なので、大学で初めて受験したTOEICでは390点という散々な結果を残しています。

しかし大学3年生のとき、TOEICで860点以上を取らなければならなくなりました。
そこで3ヶ月ほど本気でTOEICの勉強をした結果、目標には及ばないものの830点という点数を取ることができました。

TOEIC 830

そこで今回は英語ができない人間でも、TOEICで800点台を取る方法を紹介します。

この記事を読んであなたもTOEICで高得点を取りましょう!

TOEICで800点台を取るのは簡単です

まず最初に知っておいてほしいこととして、TOEICで800点台を取るのは簡単です。

TOEICは学校のテストと同じように、正解がどこにあるか決まっています。
だからぶっちゃけ英語ができなくても、TOEICの試験に慣れていれば簡単に高得点は取れますよ。

英語のできない僕が3ヶ月で800点を取れたのもTOEIC用の勉強をしたからです。

また800点台が目標ならば、本番のテストで20問くらい間違っても良いです。
分からない問題を解かないという方法が取れるのも、800点は簡単に取れるという理由の1つです。

TOEICで800点を取るための3つのステップ

TOEICで800点を取るための3ステップは以下の通り。

1.高得点を取る目的を明確にする

2.単語を1~2週間で覚える

3.模試をひたすら解く

詳しく説明しますね。

1.高得点を取る目的を明確にする

まずはTOEICで高得点を取る目的を明確にしましょう。これが3ステップの中で一番重要です。

何事もそうですが、目的が曖昧だと頑張れないし、途中で挫折してしまいますよね。

しかもTOEIC300点台の人間がいきなり800点台を目指すのですから、余計に挫折します。

僕もTOEICの勉強を2回ほど挫折していますが、いずれも「TOEICで高得点を取りたい」という理由でした。

しかし高得点を取るのは手段であり、目的にはなりません。

曖昧な理由ではなく「企業の面接に必要だから」とか「留学の最低基準として必要だから」といった明確な理由を持つべき。

ちなみに僕が830点と取ったときの理由は「860点を取れば3万円をもらえるから」でした。お金を理由にするのも良いですね。

2.単語を1~2週間で覚える

ここからは具体的な勉強方法に入ります。まずは単語を暗記しましょう。

TOEIC300~400点台の人は、はっきり言って語彙数が少なすぎます。
単語が分からないのでは英文を読むことすらできないため、飽きて塗り絵をするのも無理はありません。

というわけでまずは英単語を覚えて、TOEICの学習に耐えるための下地を作りましょう。

オススメの英単語帳は「金のフレーズ」です。

TOEICの英単語帳としては最も有名で人気の商品ですが、やはりそれだけの価値はあります。

詳しくは「金のフレーズだけでもTOEIC600点台は取れます[830点が語る]」でも解説しています。良かったら読んでみてください。

 

この金のフレーズを1~2週間で暗記しましょう。

期間を長くするとそれだけ飽きたり、誘惑に負けたりする可能性があります。

また単語の暗記ができてやっとTOEICの勉強ができるため、あなたはまだ土俵にすら入っていないのです。
早く土俵入りするためにも、暗記なんてすぐに終わらせましょう。

幸いにも金のフレーズは1000単語+αしか載っていないので、暗記が簡単です。しかも全て重要単語なので効率が良い!

暗記方法が分からない方は「金のフレーズだけでもTOEIC600点台は取れます[830点が語る]」を参考にしてみてください。

3.模試をひたすら解く

単語を暗記したら後はひたすら模試を解きましょう。

「英文法やリスニングの勉強は?」と思うかもしれませんが、そんなものはできなくてもTOEICで800点台は取れます。
それに模試を解いていれば自然とできるようになりますしね。

というわけで模試を解くのですが、オススメは「TOEIC新形式精選模試」です。リスニングとリーディングの2冊があります。

created by Rinker
¥2,052 (2019/05/24 01:07:58時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,052 (2019/05/23 09:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

この模試がオススメな理由は3つあります。

1.コストパフォーマンスが他の問題集よりも良い

2.問題の質が良い

3.解説が丁寧で英語ができない人も理解できる

この模試は値段、質、量の全てにおいて完璧な問題集なため、本当にオススメです。

詳しい解説は「TOEIC新形式精選模試は難しいが、優れた問題集である3つの理由」で紹介しています。

後は模試をひたすら解き、自己採点で800点台を取れるようになったら本番でも取れるようになりますよ!

模試を解く回数に決まりはありませんが、僕は問題と答えを覚えるまでやっていました。

覚えてしまったら解く必要がないので、他の模試をやったほうが良いと思ったからです。

まとめ

今回はTOEICで800点台を取るための3ステップを紹介しました。

やっていることは実に単純ですが、それくらいTOEICで点数を取るのに技術はいらないのです。

ですが努力は必要なので、そこは頑張りましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.