全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

不登校の子に伝えたい重要な2つのこと【12年間不登校が語る】

WRITER
 
不登校の子に伝えたい 2つのこと
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

いきなりですが僕は12年間不登校でした。
幼稚園3年、小学校6年、中学校3年の合わせて12年間ですね。

そんな人間でも高校、大学に進学することができまして現在は楽しく生活しています。

しかし世の中には不登校で苦しんでいる方がまだまだいらっしゃるわけで。
そんな彼らを助けることが、かつて不登校であった僕の義務だと思っています。

そこで今回は「不登校の方に伝えたいこと」があり記事を書きました。
結論を言うと以下の2つです。

 

・学校に行きたいのか行きたくないのかはっきりさせる

・自分がやっていて楽しい勉強をする

 

不登校という問題は1つの記事で扱えるほど簡単なものではありません。

ですが12年間の経験から考えて、上記の2つが不登校問題において重要なことだと僕は思いました。
ぜひ紹介させてください。

では進めていきますね。

学校に行きたいのか行きたくないのかはっきりさせる

不登校になっている理由は色々あるでしょう。
ですが大きく分けると以下の2つに収束します。

・学校に行きたいけど不登校

・学校に生きたくないから不登校

 

重要なのは自分がどちらに属するのかはっきりさせることです。

この2つは不登校解決のための方法が違います。
ここをはっきりさせないと自分が何をすべきなのか見失うので、絶対にやってください。

例えば『学校に行きたいけど不登校』の場合、学校に行けない問題を解決できるように努力をしなければなりません。
行けない理由の1つはイジメとかでしょう。

一方『学校に生きたくないから不登校』の場合、学校に見切りをつけ自分の力で生きていけるように努力する必要があります。
ようは自分で勉強をしろってこと。

どうですか?
解決方法が全く違いますよね。

 

僕は自分の気持ちをはっきりさせなかったせいで長い間苦しみました。

どうして学校に行けないんだろう

こんなことを毎日毎日考えて。
しかし理由も分からぬまま僕の学校生活は過ぎていく。
家では勉強していませんし、現実逃避するためにゲームとアニメの毎日を繰り返すだけ。

そして僕は大学生になり、やっと自分が不登校だった理由がわかりました。

学校がつまらなかったから僕は不登校だった。
学校に行きたいなんて本当は考えてなかった。

教師は理不尽
狭い教室
つまらない授業

僕はそんな学校生活が耐えられなかった。

だって僕は今『世界一周をするのが夢』とか言っているんですよ?
そんな男が学校なんて狭い空間に耐えられるわけがない!

しかし大学生になって気づいても後の祭り。
あの時に過ごした時間は戻ってきません。
僕がもし『学校に行きたくないから不登校』と気づいていたら、学校に見切りをつけてもっとマシな人生を送れたはずです。
答えを見つけているなら、ゲームやアニメに現実逃避をする必要がありませんからね。

だから今不登校の皆さんには僕のようなミスをしてほしくありません。
学校に行きたいのか、行きたくないのかをはっきりさせて、それを解決するために努力しましょう。
間違った努力をすると僕のように後悔しますよ。

自分がやっていて楽しい勉強をする

不登校児は自分がやっていて楽しい勉強をしましょう。

自分のために勉強できる時間があることは不登校である利点の1つです。

しかし僕が『勉強をしましょう』と言ってもあなたはしません。
なぜならあなたは勉強が嫌いだからです。
『勉強は辛くてつまらないもの』と考えているからです。

ですがはっきり言いましょう。
勉強は辛くてつまらないものではありません。
勉強がつまらないのでなく、学校で行う勉強がつまらないだけです。

僕は『勉強は辛いしつまらないものだ』という考えで12年間も不登校生活をしてきました。
しかしその後大学生になって夢や目標ができたので、自分のために勉強を始めたらどうなったと思いますか?

めちゃくちゃ勉強が楽しいんですよ。

学校でつまらないと思っていた歴史の勉強が楽しい!

英語のDo〜?とAre〜?の違いが分からなかった僕でもTOEIC830点取れた!

こういったことがたくさん起こりました。

そこで僕は『勉強という行為は本来楽しいものなんだ』と気づきました。
ですがここでも後の祭り、12年間の時間は帰ってきません。

不登校だと学校の勉強をできませんが、これは逆にメリットなんですよ!
あんなつまらないことに時間を費やすなら自分で勉強をしたほうが良い。

それにも拘わらず勉強をしないのはあなたが学校の勉強しか知らないからです。

ですが何度も言うように、勉強という行為は本来楽しいものなんですよ。
学校の勉強なんてつまらないものに騙されないで、自分が楽しいと思える勉強をしましょう!


今回は不登校児に伝えたい2つのことというテーマで記事を書きました。

これが僕の12年間の不登校生活ででた答えのようなものです。

ぜひ参考にしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.