12年間不登校から旅人へ

先生は不登校児の家に家庭訪問しないでください

WRITER
 
教師は不登校児の家に 訪問するな
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

僕が小学生のとき、毎月あるイベントがありました。

そう、先生による家庭訪問です。

きっと先生たちは様々な理由があって家庭訪問をしに来るのでしょうね。

学校からの命令でしぶしぶ来る者
自分の評価を上げるために来る者
純粋に不登校児のためを思って来る者

理由はどうあれ、先生たちは自分の大切な時間を削って私達に会いに来てくれます。

ですがはっきり言わせてください。

家庭訪問されるのは迷惑ですし、不登校児にとってはプレッシャーです。

具体的な理由は以下の2つ。

・家庭訪問は苦痛で迷惑

・不登校なのが親にバレる

先生は僕の記事を読んで、どれだけ不登校児が家庭訪問で苦しんでいるかを理解してくださいね。

それでは進めていきます。

家庭訪問は苦痛で迷惑

はっきり言うと、不登校児にとって先生の訪問は苦痛でしかありません。

不登校になる理由はたくさんあります。

学校という施設が嫌いだったり、家庭環境が荒れていたり、イジメられていたりと様々です。
一概にこうすればいい!という解決策はありません。

でも1つだけ言えるのは、こういった悩みにケリをつけるのは本人だってこと。
不登校の子たちは自分が納得できるように戦っているんですよ。

で、そんな時に先生が訪問しにきます。

お子さんの様子はどうですか?
来週は学校に来れそうかな?
勉強はちゃんとしてるかな?

とか言って不登校児のことを気にかけるわけですよ。

こっちがどう思っているかわかりますか?

お前なんで来たの?

ひだよし

って感じですよ本当に。

こっちは頑張っているのに、教師の価値観を押しつけたり、催促するような行動はマジで止めてほしい。

お子さんの様子はどうですか?→このザマだろ見て分からないのか
来週は学校に来れそうかな?→うるせえ、そもそも学校に行くのが絶対という価値観を押しつけるな
勉強はちゃんとしてるかな?→大きなお世話

先生、あなたは色々言ってきますがはっきり言わせてください。
『お前に言われなくとも自分が一番わかっとるわ!』と。

はっきり言いますが、先生に不登校児を更生させる力はほとんどありません。

だから家庭訪問をするのは迷惑なので止めて下さい。
お願いします。

不登校なのがバレる

実はですね、自分が不登校であることを親に言ってない人がいるんですよ。

僕の場合は父親に言ってませんでした。

当然バレたらボコボコにされるので、バレないように必死!

そんな状態の時に、先生の家庭訪問はハラハラドキドキってわけ。
もし父親が家にいる時に訪問されたら一発アウトですからね。

いや〜訪問される日はいつもドキドキでした。

先生に来てほしくないのに、父親が帰宅する前に早く来てほしいって考えてました。
矛盾している(笑)

先生は不登校児のことだけでなく、家庭環境も考慮してください。
家庭の事情だって色々あるんですよ、こっちは。
お願いしますね。

 


ということで、今回は不登校児が先生に訪問してほしくない理由を解説しました。

マジで迷惑なので止めて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.