真面目だと不登校になりやすい理由と対策は?【元不登校が解説】

WRITER
 
アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

真面目な子は不登校になりやすいのだろうか?もしそうだったら対処方法も知りたい。

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

・真面目だと不登校になりやすい3つの理由

・解決法:もっと適当に生きましょう

 

こんにちは、元不登校のひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は自分で言うのもなんですが、真面目な人間です。だから12年間も不登校だったのでしょう。

今回は僕の経験も踏まえて、真面目な人間が不登校になる詳しい理由、そして解決法を紹介しますね。

真面目だと不登校になりやすい3つの理由

僕の経験も踏まえると、真面目な人間が不登校になる理由は以下の3つだと考えられます。

1.親や教師の言うことを優先してしまうから

2.自分を過剰に責めるから

3.完璧主義だから

それぞれ説明していきますね。

1.親や教師の言うことを優先してしまうから

真面目な子は素直でもあるため、大人たちの言うことを優先してしまいますし、信じてしまいます。

だから自分の言いたいこと、やりたいことを意見できなくなり、そのストレスが不登校に繋がる。

こういった子供が一度不登校になったら終わりですよ。

周りの大人は学校に行かせる気しかないので、「本当は行きたくない」なんて言えるわけがない。
そしてますます悪化していくのです。

真面目な子は人の言うことを守りがちなので、まずは本人の考えを聞いてあげてください。

2.自分を過剰に責めるから

真面目だからこそ学校に行けない自分、何かができない自分を責めてしまいます。

そして自己嫌悪に陥ってしまい、ますます不登校になっていく。

完璧主義になってしまう

真面目な人は完璧主義者が多く、これも不登校に悪影響を及ぼします。

例えば宿題をしないで学校に行くなんてことは、完璧主義者はできません。なぜなら宿題は毎回提出するものだから。

このように何かをするときは、全て完璧な状態じゃないと完璧主義者は気が済みません。

だからこの場合は宿題をやらないで学校へ行くなら、休んだほうが良いとなるわけです。

信じられないかもしれませんが、完璧主義者とはこういう人間なんですよ。

僕も「腹がめちゃくちゃ痛いから」とか「体調悪いから」とかで休んでました。理由は完璧な状態で授業を受けられないから。

解決法:もっと適当に生きましょう

真面目だから不登校になるのなら、解決策は適当になるしかありません。

真面目さは本来良いことですが、不登校の人は真面目すぎるケースがほとんどです。

他人の言いなりになったり、自分を責めすぎたりするのは真面目ではなくただの馬鹿。

その性格のまま大人になっても、今度は不登校以外のことで苦労するに決まっています。

もっと人生にゆとりを持ちましょう。何かあっても「まあいいか」で終わらせられる余裕を持つべき。

実際僕も高校生から適当な人間になったため、不登校じゃなくなりました。ただ今度は堕落した人間になったので、皆さんは注意してください。

まとめ:不登校には真面目さよりも適当さが大事です

今回は真面目な人間が不登校になる理由、そして解決法を紹介しました。

真面目さも度が過ぎると自分を不幸にします。心の余裕が不登校児は必要だと僕は思いました。

他の不登校記事も「不登校の悩み・問題を解決する記事のまとめ」でまとめているので、よろしければご覧ください。

[kanren url=”https://hidayoshi.com/truancy-matome/”]

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.