全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

真面目なやつほど不登校になる悲しい現実

WRITER
 
真面目なやつほど不登校になる悲しい現実
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

不登校になってしまう人間の特徴とは何でしょうか?

コミュニケーションが苦手な人
家庭に問題がある人

様々な理由が思いつくでしょう。

ですがこういった世間一般の考えではなく、もっと単純な理由があるんですよ。
それは「真面目な人」ということ。

真面目さは良い特徴として扱われることが多いです。
しかし学校や社会が嫌いな人にとっては害でしかありません。

今回は12年間不登校だった僕が「なぜ真面目だと不登校になるのか」を説明しますね。
それでは進めていきます。

 

結論を言うと、真面目な人は疑うことをしないので不登校になります。

ではここで言っている「疑う」とは何のことでしょう?

それは「学校に行くこと」です!

僕たちは日頃から学校に通っていますが、別に行かなくていいじゃないですか。

こういう発言をすると「いや学校は行かなきゃだめでしょ」と反論したくなるでしょう。
ですがそんな反論をする人は既に洗脳されていると僕は言いたい。

ちょっと考えれば「学校って行く意味なくね?」って気づくはずですし、実は何回も気づいているはずです。

書き下し文の使い方なんて将来使いますか?
図の証明方法なんて将来使いますか?
沸騰石の使い方なんて将来使いますか?

ほら、使わないことばかり教えられているでしょ?
でもあなたは真面目だから「学校は行くところだ!」と自分の気づきを無理やり潰して、学校に通っているわけです。

真面目さを捨て「学校は行く意味がないから行きません」、これで良いじゃないですか。

 

あと真面目な人が多いせいで不登校が不利になっているのが日本の現状ですね。

なぜなら皆「学校には行かないと駄目だ!」と考えているからです。
これ言い換えれば、学校に行かない人=悪い人と同じですからね。
つまり不登校=悪い人です。

真面目だから学校へ行き、真面目だから不登校になり、真面目だから不登校=悪い人という罠に囚われる⋯⋯。
悲しい話ですが、これが現実。

真面目ループ

今あなたが不登校でなくとも実際になった場合、真面目だと困りますよ。
だから真面目さはとっとと捨てましょう!

 

 

人生真面目すぎないほうが上手くいきます。
12年間不登校でクズな僕にも友達がいるし人生も充実しているので間違いありません。

だから行きたいときに学校なんて行けばいいし、休みたいなら休めばいい。
真面目さを捨て、常識に囚われず、自分が正しいと思える道を歩んでください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.