全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

フィリピンのサガダで食事するならYoghurt Houseで決まり!

WRITER
 
サガダで食事するならYoghurt House
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

僕は以前フィリピンのサガダというところを観光しました。

サガダはハンギングコフィンという崖に吊り下がった棺桶や洞窟などがある人気観光地。

今回はそのサガダで人気のお店、Yoghurt Houseを紹介します!

このYoghurt HouseはGoogleの口コミ数を見てもらえば分かる通り、かなり人気のあるお店です。

そしてその人気に偽りなく、料理は美味しいし、値段も料理の質を考えると安かった。

実際にいくつか写真を撮ってきたので、それも合わせて紹介していきますね。

ヨーグルトハウス

例えばこの鶏肉の煮込みは200ペソ。
見た目だけなら普通に日本でも通用すると思いませんか?

もちろん見た目だけでなく味もちゃんとしています。
肉はちゃんと煮込まれているので柔らかく、米は柔らかく優しい味わいでした。
固いお米が好きな人は微妙かも?

ヨーグルトハウス ステーキ

次は豚のステーキで料金は230ペソ。
これも安いですね。

見た目が茶色いので美味しそうに見えませんが、そんなことはありません。
肉も値段のわりには柔らかく美味しかったです。
このソースの正体は分かりませんが、肉の味を邪魔しないさっぱりとしたものでした。

 

ヨーグルトハウス ナッツの痛めもの

これはカシューナッツの炒め物で料金は240ペソ。
カシューナッツを使っているのに240ペソってとても安い!
日本人から見ると凄いお得な料理に感じます。

カシューナッツは思ったより入っているので、カリカリとした食感がしっかり楽しめます。

ですが全体的に量が少ないですね。
やはりナッツを使っているため量を減らしているのでしょうか?

 

ヨーグルトハウス ヨーグルト

Yoghurt Houseという店名なだけあってこの店の名物は自家製ヨーグルト!
プレーンとはちみつ付きの2種類があります。

はちみつはサガダ産と珍しいので、僕的にははちみつ付きのヨーグルトをおすすめします。
料金は110ペソでした。

味は流石名物なだけあってこれが一番うまい!
ヨーグルトも日本に売っている市販のものとは違い、まったりとしていて濃厚でした。

そしてヨーグルトだけでなくはちみつも素晴らしい。
僕ははちみつに詳しくありませんが、このはちみつはちゃんと作られていると断言できます。
なんというか少しピリッとした味わいがするんですよね。
はちみつを食べる機会がない方でも、このはちみつは美味しいと感じるでしょう。

 


今回はサガダの超人気店Yoghurt Houseを紹介しました。
この店には他にも沢山の料理があるのでぜひ訪れてみて下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.