12年間不登校から旅人へ

「いつか旅をしたい!」と夢見てないでとっとと行け

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

突然ですが、「夢は世界一周です!」とか「長期の旅が夢!」とか考えている方に質問があります。

本当にその夢が叶うと思いますか?

いつかお金が貯まり、仕事も一段落し、楽しい旅路を送る素晴らしい日が来ると思いますか?

来ないでしょ?

現実は残酷なことに、夢は夢のまま終わります。

「じゃあどうすればいいんだよ!」と思うかもしれませんが、答えは1つしかありません。

今すぐ旅をしましょう。

どうせ夢のまま終わるくらいなら、心や体、お金の準備ができていなくても今すぐ旅をすべき!

いつか死ぬ時に、絶対に後悔はしないと思いますよ。
そう思いません?

 

僕がなぜこんなことを言っているのかというと、僕も夢を見ていた人間の1人だったからです。

「大学を卒業したら就職して、ある程度お金を貯めて、世界中を旅するぞ!」と夢を見ていました。

しかしそんな日は果たしていつになるのでしょうか?

どこに就職するの?

ある程度のお金ってどれくらい?

もしかしたら世界は戦争をしているかも?

自分の身体が五体満足である保証は?

将来なんて分からないことだらけで、自分の思い通りになる保証はない。

しかし夢を見ることで、将来の不安や障害を見なかったことにできる。

僕はそうやって、夢を見たまま人生が終わる予定でした⋯⋯。

 

ある日、僕は高知県にあるNPOひとまきのイベントに参加しました。

生き方に悩んでいる人が集まり、5日間交流をしながら悩みを解決するというイベントでした。

で、僕はこの時に「将来は旅にしたいと思っています!」みたいなことを言ったら、「休学して今行けばいいじゃん」とアドバイスをもらいました。

普通の人だったら「いやお金がなくて⋯⋯」とか「時間が取れない⋯⋯」とか言い訳をすることでしょう。

ですが僕は普通の人ではないので、「それもそうだな。行くか。」と思い、休学して旅をすることに決めました。

そして実際に、2019/2/27から僕は1年間の旅に出発します。

この記事を読んでいる人も、僕のように夢を見るのはやめませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.