12年間不登校から旅人へ

親遺伝の首イボを自力で除去してみた[画像つきで解説]

WRITER
 
親遺伝の首イボは自力で除去しよう!
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

首にあるイボが本当に邪魔だなあ。
除去したいけど病院にいくのは金がかかるし、面倒くさい。
自力で除去しても良いのかなあ?良くないって聞くけど?

今回はこういった疑問に答えます。

結論を言いますと、僕は自力で除去しましたが特に異常はありませんでした。

これから詳しく説明しますね。

自分の首イボが良性か悪性か見極めよう

自分で除去をする前に、自分の首イボが良性であるか確かめなくてはなりません。

なんでも悪性の首イボは自力で除去しても悪化するだけのようです。

「じゃあ悪性の首イボってどんなイボなの?」と思うかもしれませんが、↓のような首イボのことらしいです。

・急に大きくなる
・出血する
・黒や茶色など、いろいろな色がつき始める
・直径が7mm以上

参考:首のイボ、皮膚がんとの違いは? 画像で知る首イボの種類と治療法

 

まずは自分の首イボにこういった症状はないか確認しましょう。

僕は良性だったので、思い切って自分で処理をしました。

 

首イボは縛って除去するのがおすすめ

首イボの実際の除去方法ですが、紐で首イボの根本を縛るのがオススメ。

根本が縛られているせいで首イボに栄養が供給されず、ポロンと落ちます。
1週間くらいかかりますが、キレイに取れる。

 

しかし1週間も縛っている状態をひと目に晒すのは恥ずかしいですよね?

僕もそう思ったので、待つのではなく縛るときに思い切り引っ張って、首イボを切断しました。

↓の写真は切断した後の画像。

首イボ

この切断する方法は一瞬でできるので、急いでいる方にオススメです。

首 血

切断後はこのように出血して痛々しいですが、実はそこまで痛くありません。

ハサミや手で引きちぎるほうがよっぽど痛いので、縛って切ることをオススメします。

まとめ

僕は自力で除去して特に何ともありませんでしたが、あなたも大丈夫かはわかりません。

ですからもしやるときは自己責任でお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.