12年間不登校から旅人へ

長崎から熊本にヒッチハイクしたときのルートを解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

今回は長崎から熊本までヒッチハイクした時のルートを解説します。
具体的には長崎市内の蛍茶屋駅⇛諫早⇛雲仙⇛熊本です。

ではさっそく進めていきますね。

蛍茶屋駅から諫早まで

蛍茶屋駅周辺からヒッチハイクをした理由は2つ!

市電一日乗車券を買っていたから
・電車で行ける距離の中では一番東だったから

ロイホの近くにバス停があったので、車が止まりやすいと考えこの場所でヒッチハイクをしました。
乗せてもらうまでにかかった時間は30分です。


成功こそしましたが、この場所は車の流れが早いのでヒッチハイク向きではないです。
もし時間があるなら周りを探索して、もっと良い場所を探すべきですね。

このとき僕は『諫早』と書いて画用紙を掲げていましたが、これは駄目な例です。
ヒッチハイク 諫早

蛍茶屋から諫早は距離があるので、乗せてくれるドライバーの数が減ります。
ですからヒッチハイクをするときは、細かい距離を何回も移動するようにしましょう。
ちなみに僕が今ヒッチハイクをするとしたら、『東長崎』と書きますね。
地理的に東長崎までなら乗せてくれるドライバーは多いと予測できるからです。

 

話を戻しましょう。
会社帰りの方に乗せていただき、34号線の途中まで来ました。
場所は覚えていません。

諫早市内に行けば何かあると考えていたので、次の目的地も諫早にします。
今回は開始1分くらいで車が捕まり、『ファンキータイム諫早店』まで乗せていただきました。

ここに来た理由は宿泊のため。
ドライバー曰く「諫早市内は安く泊まれる宿泊地がない」らしいので、市内までいかず手前の漫画喫茶に宿泊しました。
この店は24時間なのでいつ来てもOKです。

諫早から雲仙まで

『ファンキータイム諫早店』をチェックアウトした時間は朝7時。
店の前でヒッチハイクを始めました。

しかし2時間経っても車は捕まりません。
まあ理由は雲仙なんて遠い地名を掲げているからなんですけどね。
皆さんは『諫早』と掲げましょうね!
↓悪い例

ヒッチハイク 雲仙

良い例↓

ヒッチハイク 諫早 雲仙

上の写真のように『諫早』を掲げた瞬間、ヒッチハイクに成功します。
ドライバーに橘湾沿いの201号線の途中まで乗せていただきました。
下の写真は橘湾と小浜を見下ろす写真です。
降ろしてもらった場所で撮りました。

小浜が見下ろせる

雲仙から熊本まで

次の目的地は小浜です。
乗せてもらうまでに20分かかりました。

ヒッチハイク 小浜

ドライバーはおばあちゃん2人で、この方たちにフェリー乗り場まで乗せていただきました。

後はフェリーに乗るだけで熊本に行けます。

熊本フェリー


今回は長崎から熊本へヒッチハイクを使って行く方法を紹介しました。
ぜひ参考にどうぞ。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.