ラオスで下痢になる原因は食事です【対策も解説】

WRITER
 
ラオス ルアンパバーン 残飯
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

ラオスを観光したいんだけど、下痢になるって意見を見たことがある。どういった対策をすれば良いのだろう?

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

・下痢の原因は食事にあります

・対策:加熱され、その場で作られた料理を食べる

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕はラオスを旅していたとき、3日間ほど強烈な下痢に襲われたことがあります。あまりにもヤバかったため、ラオス人に頼み込んでトイレを貸してもらったこともありました。

そんな僕も今ではインドで食事をしても下痢になりません。なぜなら正しい食事、正しい屋台を選べるようになったからです。

今回はその選び方を紹介しますね。

下痢の原因は食事にあります

下痢になる理由はラオスの食事にあります。

ラオスは衛生環境が悪いため、食事を選ばないと簡単に下痢になってしまいます。

特にラオスで気をつけるべき食事は以下の4つ。

・生の野菜や果物

・フルーツシェイクや飲み物の氷

・作り置きの食事

・水道水

詳しく説明しますね。

生の野菜や果物

海外旅行、特に東南アジアでは生の食材に注意しましょう。

サンドイッチ ラオス

ルアンパバーンで食べたカオチー

ラオスはカオチーというフランスパン型のサンドイッチが人気で、いたるところで売っています。
ラオス名物なこともあり、観光客は食べる機会が多いことでしょう。

しかしこのカオチー、生野菜を当たり前のように使うので、店を選ばないと簡単に下痢になります。僕も地元民が利用しない店でカオチーを食べたせいか、次の日下痢になりました。

またカオチーをはじめ、ラオスは農業国なので生野菜を食べる機会は多いです。

旅行中は栄養が偏りがちなので生野菜を食べたいところですが、下痢になりたくないなら控えましょう。

どうしても生野菜を使った料理を食べたいときは、繁盛している屋台や高級レストランに行くべきです。地元民も食べないような屋台では絶対に食事をしてはいけません。

フルーツシェイクや飲み物の氷

ラオス ルアンパバーン シェイク

ラオスのフルーツシェイク屋

ラオスはフルーツシェイクが安く飲めるため、ついついたくさん飲んでしまいがち。

ですがフルーツシェイクは生の果物を使用しているため、生野菜同様、衛生的によくありません。またシェイクに使う氷もどこのものか分かりません。

ですので生野菜と同様、シェイクを買うときは信用できる店から購入しましょう。

作り置きの食事

作り置きの食品にも注意が必要です。

例えばラオスのルアンパバーンには、200円で食べ放題というバイキング形式のお店があります。

ラオス ルアンパバーン 残飯

バイキングで食べたときの写真

ですが噂によると、安い理由は余った料理を再利用しているかららしい。

本当なのかは不明ですが、火のないところに煙は立たないと言いますし、やってそうな気がします。僕が実際に食べた料理も美味しくなかったですし。

真実は分かりませんが、作り置きのような料理は避けることをオススメします。

水道水

食事ではありませんが、水道水も飲んではいけません。ボトルの水を買うようにしましょう。

下痢への対策:加熱され、その場で作られた料理を食べる

象使い 食事

チキンライスと卵焼き

対策は加熱され、その場で作られた料理を食べることです。

単純な対策ですが、この方法を使っていればまず下痢になることはないでしょう。

僕もラオス旅以降、インドやエジプトなどの不衛生な国へ行きましたが、この方法を守っていたので下痢になることはありませんでした。

まとめ:食事と水には気をつけよう!

海外で下痢になるとせっかくの旅が台無しになります。食事をするときは安全な店で食べるようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.