ラオスで下痢になる原因は食事です【対策も解説】

WRITER
 
ラオス ルアンパバーン 残飯
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

ラオスを観光したいんだけど、下痢になるって意見が多くて心配。

どういった対策をすれば良いのか教えてほしい。

ラオスを観光したい人

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

 

1.下痢の原因は食事にあります

2.対策:加熱され、その場で作られた料理を食べる

 

 

こんにちは、大学生バックパッカーのひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕はラオスを旅していたとき、3日間ほど強烈な下痢に襲われたことがあります。
一度あまりにもヤバかったため、現地人に頼み込んでトイレを貸してもらった経験があるほど。

ですがこの経験のおかげで、ラオスでどういった食事をすると下痢になるのか、身をもって理解することができました。

そこで今回は皆さんが下痢にならないよう、対策法を紹介します。

下痢の原因は食事にあります

下痢になる理由はラオスの食事にあります。

ラオスは衛生環境が悪いため、食事を選ばないと簡単に下痢になってしまいます。

特にラオスで気をつけるべき食事は以下の3つ。

・生の野菜や果物

・フルーツシェイクや飲み物の氷

・作り置きの食事

 

詳しく説明しますね。

生の野菜や果物

海外旅行、特に東南アジアでは生の食材に注意しましょう。

サンドイッチ ラオス

ルアンパバーンで食べたカオチー

ラオスはカオチーというフランスパン型のサンドイッチが人気で、割といたるところで売っています。
ラオス名物なこともあり、観光客は食べる機会が多いことでしょう。

しかしこのカオチー、生野菜を当たり前のように使うので店を選ばないと簡単に下痢になります。

僕も地元民が利用しない店でカオチーを食べたからか、次の日下痢になりました。

このカオチーをはじめ、ラオスは農業国なので生野菜を食べる機会は多いです。

旅行中は栄養が偏りがちなので生野菜を食べたいところですが、下痢になりたくないなら控えるべきです。

もし食べるときは、店の繁盛具合や衛生環境を考えて判断しましょう。

フルーツシェイクや飲み物の氷

ラオス ルアンパバーン シェイク

ラオスのフルーツシェイク屋

東南アジアはフルーツシェイクがとても安く飲めるため、ついついたくさん飲んでしまいがち。

ですがフルーツシェイクは生の果物だし、シェイクに使う氷もどこのものか分かりません。

氷が水道水を凍らせたものだったとしたら、下痢どころか病気になってしまいます。

ですので生野菜と同様、シェイクを買うときは信用できる店か判断してから購入しましょう。

 

作り置きの食事

作り置きの食品にも注意が必要です。

例えばラオスのルアンパバーンにはバイキング形式のお店があるのですが、ここは200円で食べ放題とめちゃくちゃ安いのがウリ。

ラオス ルアンパバーン 残飯

バイキングで食べたときの写真

ですが安いのには理由があって、なんと余った料理を再利用しているのです。
店の中には半年前の料理をそのまま提供しているケースもあるという噂も。

いくら加工された料理でも、半年前のものじゃあお腹を壊しますよね。

この話のように、海外の作り置き料理はいつのものか分からないので食べないようにすべき。

対策:加熱され、その場で作られた料理を食べる

対策は加熱され、その場で作られた料理を食べることです。

象使い 食事

チキンライスと卵焼き

単純な対策ですが、この方法を使っていればまず下痢になることはないでしょう。

僕もラオス旅以降、様々な国へ行きましたがこの方法を守っていたので下痢になったことはありません。

 

まとめ

海外で下痢になるとせっかくの旅が台無しになりますよね。

ですが今回紹介したルールを守ればまず下痢になることはないので、ぜひ実践してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.