京都から東京までヒッチハイクした時のルートを解説

WRITER
 
ヒッチハイク旅 京都から東京
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

今回は京都から東京までヒッチハイクした時のルートを解説します。
具体的なルートは京都南IC⇛大津SA⇛浜名湖SA⇛東京駅です。

それでは進めていきますね。

京都南ICから大津SA

まずは高速道路に乗るため、京都南IC近くでヒッチハイクを始めました。
具体的には『餃子の王将 上鳥羽店』前のバス停です。

ここは車を停める場所があり、車の流れも多いわりに速くないという、ヒッチハイクをするには良い場所でした。
ですが30分ほどやっても捕まる気配がありません。
もしあなたがヒッチハイクに挑戦するなら、この場所が失敗した時のために別のプランを考えておいたほうが良いです。

ちなみに僕はここでしばらく粘っていたら、『冨士大石寺顕正会』という宗教の人に大津SAまで送ってもらえることになりました。
この話は詳しく別記事に書いているので、興味がある方はどうぞ。

関連記事:日本でヒッチハイク中、1回だけ危険な目に遭った話

大津SAから浜名湖SA

色々ありましたが、無事に大津SAに降ろしてもらいました。

ヒッチハイク 大津SA
大津SAはSAのくせに小さいですが、そのおかげで多くの人にヒッチハイクをしている現場を見てもらえます。
ですから結果的にはヒッチハイクしやすいSAだと思います。
車を停める場所もありますしね。

20分ほどでヒッチハイクが成功しました。
浜名湖SAまで送ってもらえたのでかなり長距離を移動できました。

浜名湖SAから東京駅

浜名湖SAには夜につきました。

ヒッチハイク 浜名湖SA
浜名湖SAはヒッチハイクをしやすい構造になっていたので、夜でも問題ないと考えヒッチハイクを始めました。
この予想は的中し、30分ほどでヒッチハイクが成功。

このドライバーに東京駅まで送ってもらい、ヒッチハイクは終了です。
ありがとうございました。


長距離移動が多すぎて『参考にならない!』と思うかたがいらっしゃるでしょう。
しかし関西〜関東間は車の流れが多いため、長距離ヒッチハイクがしやすい環境です。
そのため僕のように長距離移動ができるはずです。
ぜひ一度試してみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.