コルカタからブッタガヤまで深夜バスを使っていく方法

WRITER
 
バス インド
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

コルカタからブッタガヤに行くの面倒なんだけど。
電車の予約のために窓口の行くのはダルいし、ネット予約しようにもWaiting List待ちで予約できない。
一体どうすればいいのさ?

こういった疑問に答えます。

結論として、深夜バスを使うという方法があります。

詳しく説明しますね。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

今回はインドのコルカタからブッタガヤまで深夜バスを使って行ったので、その方法を紹介しようと思います。

鉄道以外の選択肢としてぜひ参考にどうぞ。

 

バスを使うメリット・デメリット

僕が感じたバスの特徴は以下のような感じ。

バスのメリット

・オンラインで予約ができる(鉄道もできるがバスの方が簡単)

・当日席が空いている可能性もあるくらい、席の予約がしやすい

・鉄道だとガヤ駅に降ろされるが、バスならブッタガヤで降りれる

バスのデメリット

・設備がクソだし狭いので割高感がある(インド人もバスより電車に乗りたいようだ)

・料金が電車と同じくらいか、少し高い

・朝の4時半頃ブッタガヤに着くのがダルい(後述します)

これを踏まえて詳しい説明をしていきます。

 

バスはredbusを使って予約しよう

バスは当日ターミナルのような場所に行って買うこともできるようですが、旅行者はオンライン予約をするほうが良いでしょう。

予約はredbusというサイトで行います。
スマホアプリもあるのでダウンロードしておくと、予約の情報が見れて便利。

まずはredbusのサイトへ行き、コルカタからガヤを選びましょう。

redbus バス インド

検索するとバスの一覧が出てきます。
と言ってもコルカタとガヤをつなぐバスは一会社しかありません。
1日の本数も1本のみなので迷う必要なし。

redbus バス インド

17時出発で朝の4時にブッタガヤにつくという微妙な日程。

特に朝4時というのが心配になると思います。
実際僕も心配でした。

ですがガヤ駅ではなくブッタガヤで降りれるし、リキシャも一応いるし、何ならブッタガヤ市内まで歩いて30分くらいなので、そこまで困りません。

redbus バス インド

バスを選ぶと席をどこにするか決めます。
横になって寝たい場合は料金を多めに払って寝台にしましょう。
ただ知らない人と添い寝をすることになるのでご注意を。

クレジットカードを使うときの注意点

redbusは日本のクレジットカードが使えますが、カードによっては不正利用扱いされて支払いが却下される場合があります。

実際僕が楽天カードを使った時は不正利用扱いでカードが止まりました。
その後エポスカードを使い、無事予約ができたって感じです。

なのでカードで支払いができない場合は、あせらず別のカードを使いましょう。

 

当日の集合場所

当日の集合場所にはバスがたくさんあるので、早めに行くことをオススメします。
1時間前に行くと安心ですかね。

集合場所はBabughatとなっていますが、実際はEden Gardens駅周りでした。
バスがたくさんあるので一発で分かります。

バス インド

たくさんのバスがあるし、バスにもガヤ行きとか書いていないので周りのインド人に聞くしかありません。

騙されそうな気がしますが、僕の場合は大丈夫でした。
ただ心配なら各バスの前にいる受付の人に聞くのが良いでしょう。

バスの見た目はTHE・インドって感じですね。

バス インド

中も狭いです。

バス インド

寝台も素晴らしく狭い。
この範囲を2人で使うんですよ!

バス インド

後は5時過ぎに出発し、途中休憩をはさみつつガヤまで行きます。

乗ってからの注意点

このバスはガヤ行きですが、ブッタガヤで降りることができます。

しかしブッタガヤについたからといってアナウンスがあるわけではないので、GPSを使って自分で降りる準備をしなければなりません。

定番のmaps.meなどの地図アプリを使って自分の位置を確認するのがベスト。

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

ブッタガヤで降りた後はリキシャを使うなり、徒歩で歩くなりして市内まで向かいましょう。

僕は朝4時にブッタガヤ市内まで30分ほど歩きましたが、特に危険はありませんでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.