全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

韓国のチムジルバンのまとめ[感想もあるよ]

WRITER
 
韓国のチムジルバンのまとめ[感想もあるよ]
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

韓国旅行で宿泊費を安くしたいならチムジルバンがオススメです。

チムジルバンは簡単に説明すると、宿泊できる健康ランドのようなモノですね。
韓国で旅費を抑えたい人は皆チムジルバンを使っています。

僕は2018年の4月に韓国を9日間ほど旅行しました。
その旅行で様々な地域のチムジルバンに行くことができたので、今回はそのまとめを記事にしますね。

ではさっそく紹介に移りましょう。

※為替は10000ウォン=1000円で計算してます。

釜山:松島海水ピア(ソンドヘスピア)

ソンドヘスピア

釜山で最も有名&人気のチムジルバンです。

20時までに来店すれば料金は1000円とかなり安い!
20時以降でも1200円なので遅い来店でも安心ですよ。

安いわりに風呂は広いし、サウナも3種類の温度から選べるので設備は十分です。
また、大きな窓からは海と橋が見えるのでロケーションも最高!

ローカル感がありつつ外国人観光客の姿も見えるので旅行気分を味わうにも良いですね。
Wi-Fiも速かったです。

人気の名に恥じない素晴らしいチムジルバンでした。

ソウル:シロアムサウナ

シロアムサウナ

料金は1700円と高いくせに、風呂が狭いです。
まあ首都なので土地代にお金がかかりすぎて、設備に手が回らなかったのでしょう。

高い値段はサービスで補っているようで、5階には仮眠室があり個室で寝ることができます。
また充電用の鍵付きロッカーもありました。

値段が高いので客の質も高くなるかと期待できますが、そんなことはありません。
湯船に頭をつける人が普通にいます。

また見間違いかもしれませんが、マスをかいている人の姿が見られました。
色付きの湯船だったので断定はできませんがね。

シロアムサウナはソウル駅の近くにあるので立地を考えたら良い宿なのかもしれませんが、僕は高いと感じます。

ソウルならばゲストハウスが沢山あるのでそちらに宿泊したほうが良いですね。
もし次にソウルへ行く機会があったら僕もそうします。

安東:安東温泉スパランド

チムジルバン 安東

安東は世界遺産の河回村(ハフェマウル)がある市です。

ここのチムジルバンは900円という安さから分かるように超ローカル!
英語も通じません。
まあチムジルバンって言えば通してくれるので、英語はどうでもいいんですけど。

風呂に関しては⋯⋯、ごめんなさい記憶にありません。
記憶に残らないほど普通の風呂だったのでしょう。

料金の安さのせいで客層が悪いのか、トイレを詰まらせる馬鹿がいました。
運良く僕は下痢気味だったので女子トイレにお邪魔する羽目に。

こういう時に限ってトイレでおばさんと鉢合わせ。
ボディーランゲージで必死に説明したらなんとか理解してもらえました。

これが都会だったら僕は変態野郎として警察のお世話になっていたかもしれません。

自分語りをしてしまいましたが、まあかなりローカルだということを伝えたかった。

大邸:ソンウォンネクサス

チムジルバン 大邸

複合ビルの中にあるので見つけにくい!
料金は1000円と安い。
大邸は田舎ではありませんが、英語が通じませんでした。

他にも宮殿ラベンダーというチムジルバンも候補にありましたが、そちらは駅から近い立地なんですよ。
だから混んでいると予想し、少し離れたソンウォンネクサスを選びました。

ここは特に感想もなく、普通のチムジルバンでした。
まあ値段を考えたらコスパは良かったと言えるでしょう。

慶州:SPALUX

すいません、外観の写真は取り忘れたのでありません。
この方の記事は外観の写真があるので見てみるといいでしょう。

全面ガラス張りで慶州の町並みと全く合っていません。
それもそのはずこのチムジルバンは2016年にオープンしただからです。

値段は1700円と高いくせに風呂は3種類しかなく、しかも小さい。
マジで小さいですよ。

ですがオープンしたばかりあってそこら辺のチムジルバンとは一線を画してましたね。

なんとシャンプーとボディーソープが備え付けであります。
普通のチムジルバンは石鹸しかないのに!

またロッカーが鍵ではなくカードキータイプなので超ハイテク!
しかしカードキーの管理が甘いからそんなに意味がないという状態でした。

と言うのも、僕はここでインキーをしてしまってですね。
ヤバイと思い番台にボディーランゲージしたところ、普通にマスターキーでロックを解除してくれました。

こんな簡単に開けてくれるならカードキーの意味がないと思いませんか?

チムジルバン 慶州

温泉こそ文句をつけましたが、寝るところはキレイで人が全くいませんでした。
あまり流行ってないんですかね?

酸素室とかいうよく分からない部屋もありました。

このチムジルバンで一番素晴らしいのはトイレが清潔なことですね。
シャワー着きなのがポイント高いです。

総合的に考えると値段分の価値はあるように感じました。


今回は簡単な感想も混ぜて各地のチムジルバンを紹介してみました。

ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.