韓国のチムジルバンで宿泊【設備や危険性を解説】

WRITER
 
韓国のチムジルバンは危険?[雰囲気と設備を解説]
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

・チムジルバンに宿泊したい

・チムジルバンって危険なの?

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

・チムジルバンでの宿泊について

・チムジルバンの設備と危険性

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

今回は韓国にあるチムジルバンという施設についての記事です。

実際に宿泊した経験からチムジルバンの設備や危険性、宿泊について紹介しますね。

チムジルバンでの宿泊について

チムジルバンはサウナや健康ランドのようなものですが、宿泊施設としても人気です。
宿泊するときは常備してある枕や毛布を使い、床で寝ます。

しかしいくら宿泊施設として利用されているといっても、防犯はしっかりとしなくてはなりません。

実際、荷物の窃盗が非常に多い。特に入浴中が一番危険です。

チムジルバンのロッカーは鍵付きですし、番台もいるので一見安全に見えます。

しかし番台の死角をついて、泥棒はロッカーを開けて物を盗みます。

この方法で盗難が多発していると脱衣所の張り紙にも書いてあるため、意外とバレないのでしょうね。

入浴中、就寝中ともにしっかりと荷物の管理をしましょう。

ちなみに僕は荷物を盗まれることはありませんでしたし、そういった怪しい気配もありませんでした。

チムジルバンの設備と危険性について

このような記事を見つけました。

韓国観光の定番「チムジルバン」は危険?多くが安全管理で不合格=韓国ネット「手遅れになる前に管理して」「安全も衛生も不十分」

この記事には「チムジルバンの安全管理はしっかりとされていない」ということが書いてあります。

利用者から言わせてもらうと、この記事は結構正しい。

ここからは消防設備、避難経路、衛生の観点で私が感じたことを紹介します。

消防設備

記事によるとスプリンクラーのスイッチが意図的に切ってあるチムジルバンが存在するらしいです。

正直スプリンクラーのオン・オフについてはよく分かりません。
しかし切ってそうに僕は感じました。

なぜなら風呂にジャグジーの設備があるのに、稼働していないチムジルバンが多いから。

理由は分かりませんが、僕は電気代をケチっているように感じました。

ジャグジーすら動かさないチムジルバンはスプリンクラーのスイッチが切ってあっても不思議じゃないと思いますね。
かなりこじつけな理由ですが。

避難経路

チムジルバンは複数階からなる構造をしているため、避難のしやすさはとても重要です。

記事にあるような「非常口の閉鎖や物の積み置き」は私が行ったチムジルバンには見られませんでした。

しかしチムジルバンの中には階段の幅が狭く、避難が難しい構造をしている施設があります。
もし火事が起こったら逃げられないでしょうね。

だから「チムジルバンは建物の構造に問題がある」という主張は正しいです。

衛生

記事には「衛生も不十分」という内容が書いてありましたが、浴場の衛生は問題ないと感じました。

そもそも大衆浴場に衛生を求めることはおかしいですよね。
汚いのが嫌なら家庭で入浴すればいいわけで。

だから最低限の衛生があればOKと僕は考えていますが、使う気が失せるほどのチムジルバンには出会いませんでした。

よって浴場の衛生は神経質にならなくても大丈夫でしょう。

まとめ

今回はチムジルバンでの宿泊と危険性について紹介しました。

興味がある方は実際にチムジルバンを利用した感想が「【韓国】地域ごとのチムジルバンをまとめてみた【感想つき】」に書いてあるので参考にどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.