夜中にヒッチハイクする時のコツを解説

WRITER
 
深夜にヒッチハイク
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

夜中にヒッチハイクをしたいんだけど、暗いから難しそうだ。コツなどがあれば知りたい。

こういった疑問に答えます。

 

記事の内容

・夜中にヒッチハイクする時はライトを上手く使いましょう

・夜中のヒッチハイクは難しいから根気が必要です

 

こんにちは、元ヒッチハイカーのひだよし(@hidayoshi0818)です。

ヒッチハイクで旅をしていると、どうしても深夜に移動しなければならない状況があります。

そこで今回は今まで60台乗ってきた僕が、夜中にヒッチハイクをする時のコツを紹介しますね。

夜中にヒッチハイクする時はライトを上手く使いましょう

夜中にヒッチハイクするときは、ライトを使って車にアピールしましょう。単純ですが、これが最も効果的です。

まずライトですが、光が出せれば何でもOK!僕はスマホのライト機能を使っていました。

ライトの準備ができたら車が来るのを待ちましょう。

遠くに車が見えたらライトを車に向けます。できればライトを振り回して、気づいてもらいやすくしましょう。

そうするとドライバーは「なんかいるぞ」と注意を向けてくれるはず。

次に車が近づいてきたら、ライトを自分の目的地が書いてあるボードに向けます。

そうすればドライバーは一瞬ですが、ボードが見えるので「こいつはヒッチハイクをしてるのか」と分かってもらえます。

後はドライバー次第ですね。

夜中のヒッチハイクは難しいから根気が必要です

コツを紹介しましたが、それでも夜中のヒッチハイクは難しいです。

理由は以下の2つだと思います。

・暗いからドライバーはヒッチハイクしている人に気づかない

・夜だとヒッチハイカーはいつもより怪しい人に見える

だから夜中にヒッチハイクをするなら根気強くがんばるしかありません。

まとめ:夜中のヒッチハイクはコツがあるけど難しい

今回は夜中にヒッチハイクをする時のコツを紹介しました。

夜中のヒッチハイクは本当に難しいですが、ライトを使って粘り強く頑張ってください。

ヒッチハイクに関する記事は「ヒッチハイクの全てを解説するよ」でも紹介しているので、よろしければご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験しました。現在は一年間旅するつもりで休学したのに、一ヶ月半で 帰国したため時間が余り焦っている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.