日本でヒッチハイクをするときの宿はどうする?[経験者が解説]

WRITER
 
ヒッチハイク中の宿はどうする? アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

ヒッチハイクをしてみたいけど、宿はどうすれば良いのだろうか⋯⋯。
何か特別な場所に泊まっているのかな?

こういった疑問に答えます。

結論ですが、ヒッチハイカーの宿は特別なものではなく、あなたが想像できるような場所ばかり。
詳しく説明しますね。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は今までヒッチハイクをして60台ほどの車に乗せてもらい、日本中を旅しました。

・福岡を起点に反時計回りで九州を一周

・福岡から福島までヒッチハイクだけで移動(広島、京都、東京、千葉に寄り道)

・福島と群馬を往復

この旅路では様々な場所に宿泊してきました。

そこで経験者の僕が、ヒッチハイカーの宿としてオススメな場所を紹介しますね。

 

ヒッチハイク時にオススメな宿泊場所

僕の経験を踏まえた上で、ヒッチハイク中にオススメな宿泊施設は以下の通り。
並びはオススメ順です。

・漫画喫茶

・野宿

・24時間空いている施設(マックとかコインランドリー)

・ビジネスホテルやカプセルホテル

詳しく説明します。

 

漫画喫茶

僕が一番オススメしたい宿は、日本文化の象徴とも言える漫画喫茶です。

漫画喫茶の特徴は以下の通り。

・どこにでもあるという安心感

・料金が1000円〜2000円とまあまあ安い

・座式を選べば横になれる

・漫画を見たり、ネットが使えたりする

・Wi−Fiや充電スポットがある

・ドリンバーがあるので水分補給&補充ができる

・外ではないというありがたみ

・壁が薄いのでプライベート空間はない

・うるさい客がいる

・身長によっては部屋が狭いせいで足が伸ばせない

ヒッチハイク旅をするということは、持っているお金に余裕はないはずですよね?
だからヒッチハイクをして交通費を節約しているのに、宿代がかかってしまっては意味がありません。

しかしだからといって、野宿ばかりするのも考えものです。
野宿は寝袋やテントがないとやるのはキツイですし、場所によっては秋頃から寒くなるのでできません。

だからどこにでもあって、料金が安い場漫画喫茶はありがたい存在。

食事以外は何でも揃っているので、1000円代の宿として使うなら十分でしょう。

 

野宿

野宿は選択肢として結構ありだと僕は思っています。

・無料!

・日本の治安はいいので襲われる可能性が低い

・場所を選べばプライベートな空間を作れる

・冬はできない(寒すぎて寝れません)

・テントや寝袋などの装備が必要

何よりもまず、お金がかからないというのが素晴らしい!
余ったお金を観光や食事に使えます。

ただ装備が必要というのがデメリットですね。

寝袋とかなくても野宿はできるのですが、実際寝れるのは夏場だけです。
夜はなかなか寒いですし、風が本当に厄介で体温を奪っていく。

だから装備が必要なのですが、はっきり言って買うのも持ち歩くのも面倒くさいじゃないですか?
ヒッチハイクしたいだけなのに、何でここまでしなきゃいけないのか。

だから野宿はいい選択肢なんですけど、敷居が高すぎますね。

 

24時間空いている施設(マックとかコインランドリー)

・無料は商品を一個買うだけで使える

・外ではないというありがたみ

・Wi−Fiや充電スポットがある可能性

・追い出される可能性がある

・座って寝るのがキツイ

マックなどの24時間空いている施設は、あくまで避難場所で困った時だけしか使えません。

安い料金で雨風を凌げるのは素晴らしいのですが、座って寝るのはデメリットとして大きすぎます。

ヒッチハイクをして、観光もしたあとで休憩がこんなんじゃ体力が回復しません。
絶対に途中で力尽きますし、現に僕は力尽きました。

だから基本的に使うべきではないですね。

 

ビジネスホテルやカプセルホテル

・外ではないというありがたみ

・たいてい風呂やシャワーがある

・ちゃんとベッドや布団で寝れる

・料金が高い(重要)

高いので論外です。

ここに毎日泊まれる金があるならヒッチハイクなんてしてません。

 

日本はドミトリーが少ないのが欠点

日本を旅する時の欠点はドミトリーが少ないこと。

ドミトリーというのは1部屋に2段ベッドなどを敷き詰めて、複数人が泊まれるようにした施設のことです。
300円〜1000円程度で泊まれて、設備も揃っているため人気がある。

しかしドミトリーという文化は日本にありません。

時々Airbnbでドミトリー式の安価な宿があったりしますが、これらは人気の都市にしかない。

だから金のないヒッチハイカーは漫画喫茶に泊まるしかないのが、国内旅行の現状ですね。

 

旅をしたいだけなら海外に行けば?

ヒッチハイクをする理由は2つあります。

・面白そうだから

・お金を使わず旅をしたいから

もしあなたが後者の理由で旅をしたいなら、僕は海外旅行にいくことをオススメします。

日帰りや一泊二日で旅をするなら国内旅行の方が安いですが、日を経るごとにお金は減っていきます。
「節約したつもりだけど、トータルで見ると結構使ってた⋯⋯」なんてことに。

現に僕は21日ほどヒッチハイクで国内旅行しましたが、10万くらい使いました。

これだったら海外旅行と変わりません。
東南アジアなら飛行機代を含めても、10万あれば20日は遊べますからね。

ですからヒッチハイクにあまり思い入れがないなら、海外へ行くことをオススメします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.