12年間不登校から旅人へ

ルアンパバーンで象使いの免許を取得![MANIFA TEAVEL]

WRITER
 
象乗り 免許
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

ラオスのルアンパバーンでは象使いの免許が取れるらしいな。
どうやって取るんだろう?
できれば安く取りたいな。

象使いの免許が欲しい人

今回はこういった疑問に答えます。

 

✔記事の内容

・象使いの免許はMANIFA TEAVELで取りましょう

・当日のツアーの様子

 

こんにちは、ひだよしです。

僕はラオスのルアンパバーンを訪れた時、象使いの免許を取ってきました。

象乗り 免許

これは僕が実際に取ってきた免許です。

当然、本物の免許ではありませんよ。
これはフェイクです。

本物の免許を取ることもできるようですが、多くの方は僕と同じように偽物の免許を取ることが目的のはず。

ですので今回は、ルアンパバーンで一番安く象使いの免許を取る方法を紹介しますね。

象使いの免許はMANIFA TRAVELで取りましょう

象使いの免許はMANIFA TRAVELというお店の1日ツアーで取得するのがオススメ!

ここはルアンパバーンで一番安く象使いの免許が取れることで有名です。

値段は1日コースで36ドル。
半日コースもありますが、そちらは免許が発行されないようです。

しかし半日コースに参加した日本人が追加料金を払って免許を取得していたので、どちらのコースでも変わらないのでしょう。
重要なのはお金のようですね。

ツアー内容は日本語で書かれているので安心です。

メニュー 象使い

 

当日のツアーの様子

ここからはツアー当日の様子を紹介していきます。

当日にツアーへ参加する

本当はツアーなので前日に予約する必要がありますが、僕は当日の9時にMANIFA TRAVELへ行きました。

当然当日のツアーは既に始まっていましたが、通常料金36ドルではなく42ドル払うことでツアーに飛び入り参加することができました。

ですから前日に予約していなくても、とりあえずお店に行ってみると良いでしょう。

 

サンハイ村でお酒を飲む

象使いになるためのツアーなのに、なぜかラオラオ造りで有名なサンハイ村というところに向かいます。

ラオラオという飲み物はラオスの地酒らしいです。

村には様々な種類の地酒が置いてありました。

サンハイ村 ラオラオ 酒

試飲もできました。

サンハイ村 ラオラオ 酒

しかしアルコール度数が高いようなので、飲む量は考えましょう。

酔っ払って象から落ちたら死にますからね(笑)

午前中は練習

エレファントキャンプ村に着いたらさっそく象に乗ります。

午前中は象乗りの練習ということで、椅子付きで象に乗ります。

下の写真のように、象乗り中の写真はスタッフにスマホを渡せば撮ってくれます。
チップの要求もないので安心でした。

象使い 

 

午後は本番

象乗り体験が終わったら食事をします。
食事する場所には蚊が大量にいたので虫除けスプレーがあると便利です。

象使い 食事

午前中はあくまで練習なので、ここからは実際に象使いになるための訓練をしていきます。

まずはメコン川に入って象を洗うために水着に着替えます。

着替えたら、象を操るための命令を勉強します。

詳しい命令の内容は忘れましたが、私の記憶では

・前にすすめ→パイパイ

・右にすすめ→パイサイ

・左にすすめ→パイクア

でした。

他にも水をかけろだとか、座れなど12個くらいの命令があります。

命令を覚えるのが面倒に見えるでしょうが、ぶっちゃけ命令を覚えて実際に使っても、象はあまり指示を聞いてくれません。

ですから命令を覚えなくても、とりあえずパイパイだけ叫んでたらなんとかなります。

命令を簡単に覚えたら、今度は直接象に乗ります。

直接乗るには座れと命令して、乗りやすくしてから無理やり飛び乗ります。

象 

象に飛び乗ったら、後は象から落ちないように気をつけながら森の中を徘徊して、メコン川で象を洗います。

正直、午後の象乗りは午前中と変わりがないので飽きます。

ですが飽きたからどうにかなるわけでもないので、なんとか楽しみましょう。

しばらくメコン川で象を洗った後、象を森に帰してツアーは終了です。

ルアンパバーンに帰ると象使いの免許ができているので受け取りましょう。

 


今回は象使いになるためのツアーについて紹介しました。

象使いになるためのツアーとありますが、実態はただの象乗り体験でした。

ですから既に象に乗ったことがある方はつまらないと思います。

象に乗ったことがなく、偽物の免許が記念に欲しいという方だけツアーに参加することをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.