12年間不登校から旅人へ

ドンムアン空港周りの屋台は安くて美味い[行き方も解説]

WRITER
 
屋台 ドンムアン空港
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

ドンムアン空港に到着したけど、数時間したらまた飛行機にならなきゃなあ。

お腹がすいたけど空港のご飯は値段が高いから食べたくないなあ。

近くに安くて美味しい屋台はないだろうか?

こういった疑問に答えます。

結論ですが、ドンムアン空港の周りには安くて美味しい屋台があるので、空港ではなくこちらで食事をしましょう。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は最近、ドンムアン空港に3泊4日しました。

この時の食事はドンムアン空港周りの屋台で済ませたため、ここらへんの屋台事情は大体把握しました。

そこで今回はその屋台事情を紹介しますね。

 

ドンムアン空港周りの屋台への行き方

屋台までの行き方を紹介します。

まず空港2階の真ん中にあるアマリホテルのエレベーター、または隣の階段を使い上へ。

ドンムアン空港

階段を使うとこのような場所にでるので、stationの方向へ。

ドンムアン空港

するとこのような通路にでるので、赤丸のところにある扉を開ける。

ドンムアン空港

すると目の前には階段が現れますが、ここではなく左の突き当りまで歩いていき、そこにある階段を降りましょう。

階段を降りた右側には目的である屋台通りがあります。

屋台 ドンムアン空港

 

オススメの屋台

オススメの屋台ですが、調べたところ3つあったので紹介しますね。

参考サイト:https://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/restaurant/10161039/qa/47714/

ロー・ソー・122

屋台街を進むとセブンイレブンがあるのですが、そのとなりにあるのが「ロー・ソー・122」です。

基本的なタイ料理は揃っていて、値段も45バーツからと安い!

僕は炒飯を頼みましたが、文句なしにうまかった。
見た目は普通の炒飯ですが、これくらい素朴な方が逆にありがたい。

ドンムアン空港 屋台

ただ注意点として、この店は英語のメニューがありません。

いちおう写真はあるので指差しでなんとかなりますが、お気をつけくださいね。

 

オーチャロット

「ロー・ソー・122」の2つとなりにあるローストダックの専門店。

レビューもメチャクチャあるし、参考にしたサイトでも取り上げられていたので楽しみにしていたのですが、僕の時は休みでした。

なのでオススメとか言っておきながらレビューができません(泣)

次に行ったら追記します。

行ってきました。

メニューは色々ありますが、基本は右上のRICE DISHESから選べばいいでしょう。

ドンムアン空港 屋台

僕はローストダックのエクストラを選びました。
料金は書いてあるように、80バーツです。

屋台で食べるよりは少々高いですね。

ドンムアン空港 屋台

見た目は普通ですが、味は文句なしに美味かった。

天ぷらの衣のようなサクサク皮と、柔らかいダックが素晴らしいコンビネーション。

そしてこのご飯が浸っているくらいかかっているタレもまた美味い。
甘いんだけど、飯が止まらないという本当に絶妙な味加減でした。

そこらへんの屋台で適当に食べるくらいなら、毎食これで良いと言えるくらい満足できたのでオススメです。
時間があればぜひ一度来店してみてください。

 

KANAH AND RED TEA

セブンイレブンがあるT字路を左に曲がりしばらく歩くとハラルフードの店、「KANAH AND RED TEA」があります。

ハラルフードとありますが、我々日本人は気にしなくてOK!

50バーツくらいでそこそこ量のある食事が楽しめるので良い店です。

ドンムアン空港 屋台

ただちょっと遠いので、炎天下を歩くのは大変ですね。

 

通り沿いにある屋台は料金が少し高い

セブンイレブンへ行く途中には屋台がたくさんあります。

もちろんここで食べてもいいですし、実際僕は3回ほど食事をしていますが、ここらへんの屋台は一食60バーツと少し高いのが僕の不満点です。

しかし高い理由はボッタクっているからではなく、水が無料で飲めるから。

ですがドンムアン空港で水は無料で補充できるため、ココらへんの屋台で水を飲めても意味ないんですよね⋯⋯。

もしあなたが僕のように水に困っていないのなら、先程オススメした店に行けばさらに安く食事ができますよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.