全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

大学生は奨学金受取と支払いの口座を分けろ!

WRITER
 
大学生は奨学金受取と支払いの口座を分けろ!
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよしです。

あなたは奨学金受取の口座を独立させていますか?

もしかして、その口座をクレカや生活費の支払いにも使っていませんか?

もし併用して使っているなら今すぐ分けましょう。

なぜなら奨学金をもらっているという感覚がなくなるから。

この感覚がなくなると、奨学金を借金と思わなくなります。
僕を例に説明しますね。

 

僕は奨学金として、毎月5万円が口座に振り込まれています。
そして同時に、その口座から生活費として約5万円が引き落とされる。

奨学金が入金された瞬間に生活費が落とされるとどうなると思いますか?

タダで生活しているような感覚を持ち始めるんですよ。
実際は奨学金という借金を払って生活しているにも拘らずにね。

また自覚がなくなると、毎日適当に生きるようになるので大変危険。

なので「自分は借金をして生活しているんだ!」という意識を持つために、口座は分けましょう。

自分で別口座に奨学金を入金し直して、借金をしているという重みを感じないと駄目ですよ!


今回は口座を分ける話について紹介しました。

僕も後悔して、新しく楽天口座を作成しました。

皆さんも僕と一緒に口座を分けましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.