なぜ大学生のうちにヒッチハイクをすべきなのか?

WRITER
 
大学生のうちに ヒッチハイクをすべき理由 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

大学生がヒッチハイクをしている光景を見たり、話を聞いたりすることが時々ある。
でも何で彼らってヒッチハイクをしているんだろう?
何かメリットとかあるのかな?

こういった疑問に答えます。

結論として、大学生のうちにヒッチハイクをするべきメリットはたくさんあるのでするべき。

 

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

僕は今までヒッチハイクをして60台ほどの車に乗せてもらい、日本中を旅しました。

・福岡を起点に反時計回りで九州を一周

・福岡から福島までヒッチハイクだけで移動(広島、京都、東京、千葉に寄り道)

・福島と群馬を往復

そんな僕がどうして大学生にうちにヒッチハイクをするべきなのか解説しますね!

 

大学生のうちにヒッチハイクをするべき3つの理由

なぜ大学生のうちにヒッチハイクをするべきなのか?

理由は3つあります。

・自分に自信がつき、本当の自分がわかる

・交通費を使わず日本中を旅できる

・普段は会わないような人に出会える

詳しく説明しますね。

 

自分に自信がつき、本当の自分がわかる

ヒッチハイクは実際にやってみると中々大変です。

まずヒッチハイクをする時のルートを考える必要があります。
下道でやるのか高速でやるのか、交通が多い道路はどこか、ヒッチハイクのしやすい場所はどこかなどなど。

そしてルートが決まったらヒッチハイクを始めるのですが、まだ困難は続きます。

いざ道路で画用紙をかかげても、多くの車は素通りするだけ。
車が捕まるまでに下手したら数時間かかることもあります。
実際に僕が今までヒッチハイクにかかった時間の最長は4時間でした。

また時には、直接ドライバーに交渉しなければならない時があります。
ですが頼んでも断られるのが当たり前。
何回も断られ、心が折れることもあるでしょう。

しかしこういった苦難を乗り越えたとき、自分に自信がつきます。
そして自分の知らなかった本当の自分も分かります。

 

僕は幼稚園から中学校までの12年間、不登校でした。

そんな僕が大学に進学できた時点で誇るべきなのですが、入学当初はそんなこと考えたこともありません。
入学しても昔を引きずったままで、暗い人間のまま。

しかし大学1年の春休みにヒッチハイクをしたことで僕の人生は変わりました。

自力でルートを考え、道路でひたすら恥をさらし、時にはドライバーと交渉する。

こういった経験を通して僕は

あれ?
意外と俺って何でもできるじゃん!
今までの自分に対する評価は、ただの思いこみだったのかも⋯⋯。

ひだよし

ということに気づきました。

若い時のホリエモンも、「ヒッチハイクをして自信がついた」と言っています。

だからあなたが自分を信じきれてないのなら、ぜひともヒッチハイクをしてみてください。
本当に人生が変わります。

 

交通費を使わず日本中を旅できる

さきほどヒッチハイクは辛いと言いましたが、それでも人気があるのはなぜか?

それはやはり、交通費を使わず旅ができるからでしょう。

国内旅行で一番かかるのは交通費なので、ここがタダになるのは貧乏な大学生にとってマジでありがたい。

また交通費が浮くだけでなく、柔軟な移動ができるのもメリットです。

例えば僕は福岡から福島に帰るとき、その場のノリで広島や京都によったりしました。
これは予め目的地を決めなくてはいけない、他の交通機関にはできませんよね。

また交通機関では行けないような所にも、車なら行けます。

だから無料で柔軟な移動ができるヒッチハイクは素晴らしい移動手段なのです。

 

普段は会わないような人に出会える

大学生だと話す相手は同じ大学生か、先生ばかりになってしまいます。

ですがヒッチハイクでは、普段想像できないような人たちに会うことができてとてもおもしろい。

僕も色々な方に出会いました。
ゲームクリエイター、物販の社長、トレーダー、相撲取り、ギャル、ヤンキーなばあちゃん、宗教勧誘などなど。

めっちゃ面白いと思いませんか?

これだけでもだいぶ視野が広がり、世界観は変わりますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間から公立大学に入学。在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験し、「自分のために生きる」ことを学びました。必死に生きてます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.