12年間不登校から旅人へ

[バス]バタワースからクアラルンプールへの行き方[オンライン]

WRITER
 
バスターミナル バタワース
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

ペナン島も観光したことだし、次はクアラルンプールにでも行こうかな。

でもバタワースからどうやってクアラルンプールへ行くんだろう?

こういった疑問に答えます。

結論として、オンラインでバスチケットを購入するのが安くて簡単です。

詳しく説明しますね。

 

電車よりもバスの方がおすすめ

バタワースからクアラルンプールまでは電車とバスが通っていますが、僕がバスをオススメしている理由は以下の通り。

・バスのほうが安い(超重要)

・本数がたくさんあるのでいつでもいける(夜行バスも可)

詳しく説明します。

 

バスのほうが安い(超重要)

電車を利用すると59リンギットか79リンギットのどちらかがかかります。

しかしバスだと便によっては30リンギットで行くことが可能!

電車とバスでは29リンギット、つまり800円くらい違います。
なので僕はバスの利用をオススメしているってわけ。

 

本数がたくさんあるのでいつでもいける(夜行バスも可)

他サイト様の記事によると、電車は一日に5本しかないようです。

参考にした記事:バタワースからクアラルンプールまでの行き方!電車とバスを徹底比較

ですがバスなら便が腐るほどあるので、乗り遅れる心配はありません。

また夜行バスを使って、宿代を浮かせるという方法もできます。

 

オンラインを使ったバスの予約方法

現地のバスターミナルで直接買うよりも、オンラインを使ったほうが安く買えますし、余計な手間がかからないのでオススメ!

ネットで予約するにはまず、BusOnlineTicket.comへ行き、好きなバスを予約します。

マレーシア 夜行バス 予約

今回の場合はバタワースからクアラルンプールですね。

マレーシア 夜行バス 予約

その後バスの一覧がでるので、並び替えたりなど条件を変えたりしつつ、好きなバスを選びましょう。

降りる場所はクアラルンプールセントラルバスターミナルにするのが無難。

乗るバスを決めたらselectを押すと、座る席を選びます。

座る席を選んだ後は、情報の入力と支払いの画面に移行します。

マレーシア 夜行バス 予約

名前とかパスポート番号を入力する部分は問題ないとして、困るのがこのPAYMENT DETAILSという項目。

調べたところによると、とりあえずIPay88にしておけばいいらしいです。

マレーシア 夜行バス 予約

最後にクレカ情報を入力すれば予約は完了です。

その後メールが届くので、当日はこのメールを受付に見せます。

 

当日の流れ

今回の場合は、ペナンセントラルにあるバスターミナルからクアラルンプールへ向かいます。

ペナンセントラルという名前ですが、実際にあるのはバタワースなので気をつけましょう。

当日は2階にあるバスチケットカウンターに行きます。

バスターミナル バタワース

このEXCHANGE BOARDING PASS、つまり9,10番カウンターでメールを見せれば乗車券がもらえます。
この時バスターミナル使用料として1リンギットを払うことになるので気をつけましょう。

メールには「当日はメールを印刷してこい」みたいなことが書いてありますが、メールを見せるだけでOKです。
印刷は必要ありません。

後は時間が来るまで待機し、時間が近くなったらカウンターの真ん前にあるエスカレーターを降りて、バスに乗るだけ。
エスカレーターを降りる前に乗車券のチェックがあるので準備しておきましょう。

 

おまけ:食事代を安くしたいならIqbal’s Restaurantがオススメ

このペナンセントラル、食べるところがKFCなどのようなファストフードなんですよね。

かといって外へ行こうと思っても、僕が探索した限りだと歩いて外へ出るのは不可能な様子。
また仮にできたとしても、周りには何もありません。

そういったわけで、僕のような貧乏バックパッカーは食べる場所がなくてとても困りました。

ですが1つだけ、Iqbal’s Restaurantという安くてまともなお店があるので、食事はここですることをオススメします。
場所はフェリー乗り場に続いている入り口の隣、KFCの向かいです。

料金も英語メニューもないため入店をためらいそうになりますが、実際は8.6リンギットで↓写真の飯が食べれます。

バスターミナル バタワース

注文は商品の前で指差しでいけるので、初心者でもなんとかなるでしょう。

見た目のわりに結構美味いので、ぜひ利用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.