12年間不登校から旅人へ

バンコクからペナン島への行き方[陸路で列車]

WRITER
 
フアランポーン駅 バンコク
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ひだよし(@hidayoshi0818)です。

今回はバンコクからペナン島に寝台列車を使って行く方法を紹介します。

ペナン島への行き方は、こちらの方の記事が参考になったので、合わせて見ると分かりやすいと思います。

他ブログ様の記事:バンコクからバタワースまで夜行列車での行き方!予約方法・料金・車内をレビュー

 

フアランポーン駅(バンコク駅)からパダンベサール駅まで

まずは寝台列車の切符を買うために、フアランポーン駅へ行きましょう。
ちなみにフアランポーン駅はバンコク駅とも呼ばれています。

フアランポーン駅 バンコク

カウンターでパダンベサール行きの切符を買います。

注意点として、買うときに「パダンベサール!」と言っても発音が違うのか通じません。

なのでパダンベサールではなく、「ペナン!」と言ったほうが良い。

上段(upper)と下段(lower)の席を選び、目的地がPadang Besarとなっていることを確認したらチケットを購入しましょう。上段は870バーツで、クレジットカードが使えます。

またこの日は日曜日で、午後の2時頃にチケット売り場へ行きましたが普通に購入できました。

 

僕の場合、出発時刻は15:10でした。

乗る電車がどこにあるかわからない場合は、近くの駅員に聞きましょう。
彼らは親切に教えてくれるはずです。

チケットで指定されているのはプラットフォームだけではなく、乗る車両や席も書いてあります。

乗る車両に関しては、側面に番号が書いてあるので確かめましょう。
また席も側面に番号が書いてあります。

列車 電車 バンコク

車両には充電スペースがあると聞いていたのですが、僕が乗った車両にはありませんでした。ですから期待しないほうがいいかもしれません。

電車に乗ってしばらくしたら客員がベッドを組み立てに来るので場所をどけましょう。

上段は狭いですが、落ちないようにシートベルトみたいなのがされているので危険はないと思います。
下段より料金が安いため仕方ありませんね。

バンコク 寝台列車

次の日になると、訪問販売の他に両替商が来ます。

この両替商からは円とバーツの両方をリンギットへ交換できます。

ただレートが1000円で33リンギットなので微妙です。

ペナン島に行けば公式レートの36リンギットで交換できるので、ここでの両替は最小限にするのが良いでしょう。

パダンベサールがどこなのか心配になるかもしれませんが、駅員がちゃんと教えてくれるので間違える心配はありません。
また到着時刻も少し遅れるので、焦らないようにしましょう。

僕の場合は9:20にパダンベサール駅へ到着しました。
予定時刻が8:50だったので、30分くらい遅れてますね。

 

パダンベサール駅からバタワース駅まで

パダンベサールについたら出国審査と入国審査があります。

道が分からなくても、バックパッカーっぽい人についていけば迷うことはありません。
審査もゆるいです。

審査後は2階に登り、バタワース行きのチケットを買います。
料金は11.4リンギットだったはず。

バタワース マレーシア

チケットを買ったら、電車を待ちましょう。

僕の場合はプラットフォーム2で待つことになりましたが、不安な方は近くの人に聞いたほうがいいです。
またマレーシアとタイでは時差があるので、時間を間違えないようにしましょう。

 

 

1時間ほど待ち、12:25分の電車に乗ってバタワースへ行きます。

この電車内に駅表みたいなのがありますが、バタワース駅は書いてないので、「あれ?バタワース駅がない!乗る電車を間違えたのかな?」と不安になることはありません。

14:17分にバタワース駅へ到着しました。

 

バタワースからフェリーでペナン島へ

バタワースについたらフェリー乗り場に向かいましょう。

外へ出ると写真のような場所にでるので、奥の通路へ行き道なりに進みましょう。

バスターミナル バタワース フェリー

フェリー乗り場までの無料のシャトルバスもあるらしいですが、荷物が軽量な方は歩いて向かったほうが速いです。

バスターミナル バタワース フェリー

歩いていくとエレベーターがあります。

電車から来た人たちでこのエレベーターは混むので、フェリーに最速で乗りたい方は電車を降りた段階で急いだほうがいいでしょう。

バスターミナル バタワース フェリー

後はフェリーの看板を道なりに進めば、フェリー乗り場につきます。

乗り場で1.2リンギットを払ってチケットを買い、フェリーに乗って終了。
乗り遅れてもフェリーは20~30分おきにくるので心配はありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の大学生。ヒッチハイクで日本半周、海外バックパッカー旅を経て旅の楽しみに目覚める。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2019 All Rights Reserved.