全ての不登校に希望を与える

不登校歴12年の復活劇

「ひだよし」のプロフィールはこちら

10PV/日のブログでもAmazonアソシエイトに受かった理由を考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Amazonアソシエイト・プログラムにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。当プログラムへの参加のお申し込みを正式に確認させていただきましたので、お知らせいたします。今すぐAmazon.co.jpへのリンク作成を開始いただけます。

Amazonアソシエイト・プログラムに受かりました。
10PV/日のブログで受かるとは思っていなかっただけに、意外です。

そこで今回はなぜ僕がAmazonアソシエイトに受かったのか考察していこうと思います。

「受かった理由はこれだ!」と断言できないので、「これはプログラムの合否に関係ないよ」って風に紹介していきます。

ブログの規模は関係ない

アナリティクス 10PV

ブログのPV数はこんな感じでした。

1日10人くればマシ、高い直帰率、そもそも大して記事が見られてないという散々な状態。

ですがこのザマでもAmazonアソシエイトに受かりました。
これはブログの規模は関係ないという何よりの証拠ですよね。

記事数や更新頻度は問題じゃない

Amazonアソシエイトの規約には

Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない
      – 長い間更新がない

と書いてあります。

コンテンツの数という表現は抽象的なので判断が難しいですね。
当時の記事数は43だったので、Amazon的にこれは極めて少なくないのでしょう。

次は更新について。
僕の場合は2ヶ月くらいブログを放置、その後Amazonアソシエイトに受かりました。
だから数ヶ月くらいなら「更新がない」という判断はされないのでしょう。

心配な場合は申請前に1つ記事を書いて、「私放置してませんよアピール」をしてはどうでしょうか。

少し有害な記事があってもOK!

これが一番驚きました。

僕の記事には明らかに有害な記事があるんですよ。
特に以下の2つ。

ルアンパバーンのマリファナ(大麻)事情を紹介する

フィリピンの偽物スニーカーを本気でレビュー[使用した感想あり]

薬物とコピー品に関する記事です。
こういった法律に触れるような記事があると、審査は通らないらしいんですよ。
でもなぜか受かるというね。

答えはAmazonアソシエイト申請をお断りする理由の部分にありました。
Amazonアソシエイトで禁止されているのは以下のコンテンツだけです。

露骨な性的描写がある場合

つまり性的描写がなければ薬物やコピー品くらいはOK!

危ない記事は消せだとか、非表示にしろという意見が溢れてますが、「そんなことはないぞ」と僕は言いたい。


今回はAmazonアソシエイトに受かった理由を考察しました。

正直Amazonはサイトのどこを評価しているのか全く分かりません。

受からない方は残念ですが、諦めて試行回数を増やすしかないでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
不登校歴12年間の21歳。大学在学中にヒッチハイクや海外一人旅を経験して、自分の可能性と世界の広さを知る。現在は全国の不登校に希望を与えるため、自分の経験を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不登校歴12年の復活劇 , 2018 All Rights Reserved.